【アニメ感想】うどんの国の金色毛鞠(9話)「いりこだし」

 うどんの国の9話を見て感想を書きます。
 9話にしていよいようどん作りが出てきたのですが、ポコさんが突然戻ってしまうハプニングが発生します。
 詰め寄るひろしさんに、耳や尻尾があったっていいじゃないかと諭す宗太さんは、その過去もろとも素敵だと思います。
 うどんは失敗したもののおいしそうで、まるで甘々と稲妻を見ているようです。
 その一方で、お父さんのことを思い出すシリアスな一幕もあって、色々と考えさせられました。

【内容】
 ポコと家にもどってきた宗太は、東京に戻ったはずのひろし(元後輩)を発見します。
 失恋を癒すためにうどんを食べたいと迫る彼を家に上げますが、ごろごろした上に地元を「田舎」となじられるのが微妙に腹が立つ宗太さんでした。
 突然泣き出すひろしを励ますポコの手にあるのは、小豆島で会社をしている学さんからもらったガオガオちゃんの人形でした。

 ひろしによると、学さんはガオガオちゃんの生みの親というすごい人とのこと。
 そんなすごい人が(東京ではなく)香川で仕事をしていることに何か誇らしいものを感じる宗太なのでした。

 調理場の釜の中に入るポコに出会ったばかりのことを思い出す宗太。
 亡き父親のレシピ(1話で入手)を片手にうどん作りを始めます。
 生地をこねた後は足でそれを踏むことでコシがでるのですが、無意識にそういう知識があるところはお父さんの影響と思われます。

 ポコから耳や尻尾が生えてきたのを隠すため、宗太は彼を外にやることに。
 しかし、ポコはそのままほとんどタヌキの姿になってしまいます。
 心配した宗太は、その現実に動揺しつつもある提案をすることに。

 追いかけてきたひろしは、東京でポコに耳と尻尾が生えているのを見たことを思い出し、宗太を問い詰めます。
 宗太はそれに対して、耳と尻尾があったらなんだと反論します。
 その光景に、ひろしは同僚に悪口を言われながらもかばってくれた宗太(とダーハマさん)のことを思い出すのでした。
 一方で、宗太がひろしを引きつけている間に畑を駆け抜けていくポコはいつしか人間の姿にもどっていました。

 ひろしは、人間の姿で再び現れたポコに、ズットモだとひと言。
 そして三人でおいしくうどんをいただきました。

 姉からの電話を受けて宗太は、もっと父親と話しておけばよかったと語ります。
 それに対して姉は、ポコがよその家の子どもだとしたうえでもっと話すことがあるのではないかと念を押します。

 ポコは(耳や尻尾を見せないという)約束を破ったことを宗太に謝罪しますが、一方で今まで東京や小豆島への移動で疲れていたことを察して、眠っているときは元の姿でもいいのだと約束を緩和します。
 その上で、彼と一緒にいるために、もっと知らなくてはいけないと決心するのでした。

 一方、以前DJとしてコンサートに参加していた住職は、タヌキに関する文献を読みつつ、ポコのことをしきりに気にしているようでした。

【考察等】
 まだ東京に戻っていなかったひろしさんですが、それほど長い期間休める会社とは中々素敵だなと思います。
 他人に田舎だと馬鹿にされると憤る宗太さんの気持ちは、私も同様の経験があるのでよく分かる気がします。

 タイトルどおりのうどん作りは、まるで甘々と稲妻が帰ってきたかのような感じでした。
 一方で、ポコさんの尻尾が見つかりそうになるというハプニングに、うどんの国らしさが出てきます。
 彼がタヌキの姿に戻ったのは、宗太さんが察したように、今までの疲れが出てしまったのでしょうか。

 詰め寄るひろしさんに、耳や尻尾が生えていても関係ないと説得する宗太さん。
 苦し紛れの言い訳にも見えてきますが、一方で、どんな姿であっても友情は不変だという素敵なことへと通じるような気がします。
 人の本質を見極めることが大切だと思いますし、私も外見だけで人を判断しないようにできればと思います。

 ずっとポコさんと暮らし続けようとする宗太さんですが、さすがにそろそろ「友達の子」といういいわけは難しくなってきたようです。
 住職さんもなにか勘付いているような描写があって気になります。
 近いうちに、ポコさんはタヌキだとカミングアウトする日が来るのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム