【アニメ感想】クラシカロイド(9話)「闇、その向こう」

 クラシカロイドの9話を見て感想を書きます。
 今まであれだけギョーザーに執着していたベトさんがギター作りに乗り出すというのですから全く先が読めません。
 それでもギターを火炎放射器にするあたりにギョーザーの名残が残っているのかもしれませんが。
 全体的にギャグ調かと思いつつも、ベートーベンさんの難聴と作曲家への転向についてが語られるなどなかなか重たく、そして感動的なお話に「昇華」させてくるあたりはさすがです。
 逆境をばねにするその力は、まさに天才と呼ぶに相応しいのではないかと思いました。

【内容】
 二週間の間ずっと部屋に引きこもったベトさんをおびき出そうとギョーザーを持ってきたシュウさんですが、一蹴されてしまいます。
 部屋の中にはギターを作ろうとしたあとがあり、話を聞くと、街で聴いた音楽に感銘を受けて自分も演奏してみたくなったのだとか。
 しかし、ギョーザーへの情熱は一体どこへ行ってしまったのでしょうか?

 天才ベートーベンの演奏によるムジーク発動、さらには自らのムジーク習得を狙う奏助さん。
 自分のギターを持ってきてベトさんに力を貸すことに。
 街でストリートミュージシャンを見て何かを感じたベトさんは、ギターを火炎放射器に改造して演奏を始めます。
 しかし、作り上げたギターは大量の電気を消費するようで、停電になってしまいました。

 暗闇の中、自分の耳が聞こえなくなったことを思い出すベトさん。
 そんな中に点された光は歌苗の懐中電灯でした。
 怒った歌苗は、迷惑をかける演奏は禁止と言い渡します。

 街でギターコンテストのお知らせ、さらにはその優勝賞品のグロッキー(レアなギター)を見た奏助は目の色を変えてベトさんに再び近づきます。
 実は、コンテストの主催者は、おそらく敵と思われるバッハ様なのですが。
 他の人の意見を聞いてさらにギターを改造しますがまた変な形になってしまいました。
 しかし、ベトさんは「ざわめきは何だ?」と思うところがあって外に出て行ってしまい、再びストリートミュージシャンの演奏を聞いて何かを感じたようです。

 コンテスト本番、ぎりぎりになって現れたベトさん。
 突然真っ暗にされたベトさんは、再び難聴で苦しんだこと、そして作曲者に転向したことを思い出します。
 そして、ムジークが発動します。

 ベトさんの過去を知った奏助は彼をねぎらいますが、ベトさんは「俺は生まれたばかりだ」とひと言。
 優勝賞品のギターは奏助ではなくてストリートミュージシャンにあげてしまいます。
 一方、ずっと出てこなかったシュウさんはベトさんのためにキューバまでいってギターの材料を持ってきたそうなのですが、「もう終わった」と一蹴されてしまいました。

【考察等】
 以前からずっとギョーザーに執着していたベトさんのいきなりの転向にまず驚きました。
 その一方で火炎放射にその面影を見るのは私だけでしょうか?
 次回以降はまたギョーザーを追及するのかも気になるところです。

 全体的なギャグ回だと思ったらベートーべンさんの難聴の事が出てきて意外と重たいお話でした。
 実際に調べてみると演奏家としても有名だったもようです。
 音楽の教科書で耳にするのは、難聴の絶望を乗り越えた「作曲家」としての彼のイメージが強いかと思います。

 絶望を力に変える、ひたむきさ、そんな彼の強さが、音楽から感じ取れるような気がしました。
 一方で、くたびれもうけのシュウさんやギターをもらい損ねた奏助さんはちょっと可哀想でした。

 相変わらず全く先が読めないストーリーですが、次回以降どうなるのか、目を凝らしてみていければいいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム