【アニメ感想】双星の陰陽師(34話)「名コンビじゃねぇ! WACHI vs WASHI & WATASHI」

 双星の陰陽師の34話を見たので感想を書きます。
 敵討ちという王道かつ熱い展開で、美玖さんの戦法も見ることが出来た(もう一方の桜さんはほぼ通常攻撃のみです)のでよかったかと。
 一方で、安倍清明の理想を実現するためにと努力する主人公のろくろさんですが、まだまだ1人では十二天将レベルには程遠いようですが、まだまだのびるところがあるのだと思いたいところです。
 全国で陰陽師が行方不明になる事件と、闇無(くらなし)さんの狙いがどんな関係があるのか、私、気になります!

【内容】
 桜と美玖(ともに十二天将)の前に現れた師(もろ)。
 彼女はかつて、美玖の同僚であった桜の父親を殺した相手であり、まさに2人にとっての「仇」といえる存在でした。

 幼少の頃から狙ってきた敵を目の前にして殺気にはやる桜さん。
 大鎌を振り回して師を攻撃しますが、十二天将を喰らってさらなる力を手に入れようとする師の手痛い反撃を受けてしまいます。

 「頭を冷やせ!」と同僚に檄を飛ばす美玖さん。
 ぬいぐるみを操って師をほんろうしますが、桜を狙われた隙を突かれて一撃を受けてしまいます。
 それでも何とか、桜をつれて脱出することに成功します。

 桜を背負って移動中に、昔を思い返す美玖ですが、同僚を守れなかったという後悔が残ります。
 目を覚ました桜は相変わらず敵討ちにやっきになっていました。
 そんな彼女に、闇雲に戦っては勝てないと諭した上で、二人で戦うことに。
 「我々は十二天将一の名コンビ」と称する桜に対して、美玖は「デコボココンビだ」とひと言。

 ぬいぐるみの中に入って巨大化した美玖は師を圧倒し、師もまた巨大化して対抗します。
 一旦追い詰められたと思われた美玖ですが、相手が勝利を確信した一瞬の隙を突いて桜が師の腹を一閃し、本懐を遂げるのでした。

 美玖をお姫様抱っこして現世へと戻る十二天将の2人。
 一方、息を引き取る師に対して、闇無は「永遠に俺の中で生き続けろ」とひと言。

 場面は変わって、陰陽連の開祖・安倍清明について調べるろくろと紅緒。
 全ての穢れを祓うという清明の理想を叶えるためにも強くなろうと誓うのでした。

 翌朝、ろくろは師である清弦(元十二天将)と稽古をしてその力の差を思い知ることに。
 そんな彼に紅緒は「2人で」強くなろうと誓うのでした。

 繭良が迎えに来たので3人でいつもどおり登校すると、士門が転校生として同じクラスにやってきました。
 彼の任務は婆裟羅の捜索であると同時に、双星の護衛とのこと。
 自分の身一つ守れないと判断されていることにあせるろくろなのでした。

 その頃、長野、愛知を初めとして全国各地で陰陽師が行方不明になるという事件が起こっていたのです。

【考察等】
 因縁の対決、そして敵討ちという王道展開はよかったと思いますし、今まで顔見世だった十二天将の実力がすこしずつ明らかになっていくのかと思うと先が楽しみです。
 本人曰く十二天将「最年長」の美玖さんが回想(桜さんが赤ちゃんのとき)からずっと姿が変わっていないのは別の意味で驚きましたが、そのぬいぐるみを使う戦い方(あとお姫様抱っこされたところ)は女の子(?)らしくてちょっと可愛いなと思ってしまいます。
 一方で、もう一人の桜さんは大声をあげて武器を振り回すという大変シンプルな戦い方なのですが、なかなかうるさそうです。

 理想を実現するために力をつけようと努力するろくろさんは、主人公らしくていいなと思います。
 清弦さんを一方的に倒した悠斗さんをやっつけたにもかかわらず、まだまだ十二天将の域に達していないのは少し意外ですが、2人でなら誰よりも強くなれるという意味なのかもしれません。

 努力を重ねる主人公が王道なら、士門さんが転校してくる展開もある意味王道かと思われます。
 闇無さんの計画が着々と進みつつあるこの状況下で、ろくろさん達がどのように戦っていくのか、今後も注目したいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム