【アニメ感想】かみさまみならい ヒミツのここたま(60話)「かぜをやっつけろ!」/「ニコリのピンチ!?走れピンコ!!」

 ここたまの60話を見たので感想を書きます。
 前半はこころちゃんが風邪を引いてしまったのをラキたまさんたちが心配して一生懸命にがんばっているのがよかったと思います。
 後半の方も、ピンコさんのニコリさんへの想いが現れたお話で、人を思いやることの大切さを教わったような気がします。
 私も人を思いやれる人になりたいですが、なかなかむずかしいのが実情です。

1 「かぜをやっつけろ!」
 こころちゃんが風邪を引いてしまい学校をお休みして横になることに。
 おシャキからウイルスが風邪の原因だと聞いたラキたまたちは(物まね大会などの)あの手この手でウイルスをおびき出そうとしますが、うまくいきません。
 また、誰かに移すと直ると聞いて、自分たちに移してもらおうとしますが、ここたまは人間の風邪を引くことがないのか効果なしでした。

 眠ってしまったこころちゃんを見つめるラキたまたち。
 こころちゃんに元気になってもらおうと、水を用意したりビタミンCが豊富なミカンを使ったマシュマロを作ったりします。
 その後さらにホットニーがやってきて、彼女の指示に従って作業を行い、お札やにんにく、ピラミッドパワー、さらには妙な体操などあの手この手を尽くします。
 そのおかげなのか、こころちゃんはすっかり回復して元気になりました。

2 「ニコリのピンチ!?走れピンコ!!」
 公園でラキたまたちに冬物のアイテム(手袋など)を販売しているレンジさん。
 うまく売り切ったと思ったら買った商品を忘れていったので届けることに。
 残ったピンコがニコリのお世話をするのですが、目を離した間に何処かへと行ってしまいます。

 車にひかれそうになりながらもベビーカーに乗ったニコリを追いかけるピンコさん。
 しかし、ニコリは風船に飛ばされた後、おばさんの自転車のカゴへと入ってしまいます。
 特売のお店を見つけたピンコは、魔法でおばさんを八百屋さんに引きつけ、その間にニコリを回収しようとしますが、もう少しのところで自転車が発進して、振り落とされてしまいます。

 それでもピンコはあきらめません。
 レンジの車(?)を借りて超スピードで自転車を追いかけ、そのままニコリを回収します。
 お世話役失格だと嘆くピンコにレンジは「ありがとな」とひと言。
 ニコリもまた、ピンコの「ピ」の一言を発して出来る限りの感謝を伝えるのでした。

3 考察等
 前半はこころちゃんが風邪を引いてしまったのを心配するラキたまさん達の一生懸命さが見どころかと思います。
 ウイルスをやっつけてやると意気込むところが何処かほほえましいのは私だけでしょうか。
 その後は自分に出来ることを一生懸命にやっているというのがよく見えてよかったです。

 後半もまた、ニコリさんのために一生懸命になるピンコさんが素敵です。
 たとえ火の中水の中という言葉のとおりにただひたすらにニコリさんのために失踪する彼女はもうお母さんのような感じなのかもしれません。
 ピンコさんとレンジさんは、ニコリさんの親代わりとしても、そして商売仲間としても本当にいいコンビです。

 次回はここたまの皆さんがスケートをするお話のようです。
 ユーリほどの滑りはさすがに期待できないと思いますが、彼らのすべりがどんなものなのか、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム