【アニメ感想】ユーリ on ICE(9話)「勇利VSユーリ!おそロシア!!ロシア大会FS」

 ユーリの9話を見て感想を書きます。
 まさかのヴィクトルさん不在の状況ではありますが、それでも何とか滑りきる勇利さんのメンタルが強くなっているのを感じました。
 もう一人のユーリことユリオさんの必死の演技は思わず見ほれましたし、JJさんの怪演もいろんな意味ですごかったです。
 見事にファイナル進出を果たした皆さんにはおめでとうのひと言とともに、最後の大会が全力を出しきる最高のものになることを期待したいと思います。

【内容】
 ロシア大会のショートプログラムを2位で通過した勇利ですが、ヴィクトルはマッカチン(犬)のために日本に戻ってしまいます。
 その間、ロシアコーチのヤコフが彼の代役となるようです。
 一方、もう一人のユーリことユリオは、大好きなおじいちゃんのカツドンピロシキを食べて気合を入れます。

 ロシア大会のフリープログラムが始まります。
 チェコのエミルは「人間やめました」のテーマどおり、人間離れした動きで観客を圧倒。
 直前に妹に拒絶されたイタリアのミッキー(広島弁の人)は、行き場を失った愛をスケートに表現し、今までにない演技を見せてくれます。

 勇利、JJを意識して演技構成を変えて勝負に出るユリオさん。
 イ・スンギル(韓国)の後、必死の形相で後半6回のジャンプをノーミスで決めて現時点でトップに躍り出ます。
 なお、この時点で彼のファイナル進出は確定します。

 日本のユーリことユーリのフリーが始まります。
 ヴィクトルのことを考えつめていた彼は前半でミスを重ねるも、後半では見事な立ち直りを見せます。
 この時点での3位は、ファイナル進出がぎりぎりといったところです。

 最後に、ショートで圧倒的な力を見せ付けたJJが登場します。
 「俺がガンダムキングだ!」とヴィクトルに代わる頂点に君臨することを観客に知らしめる、圧倒的な演技。
 ユリオをも上回り、一気に優勝を掻っ攫ってしまいます。

 結果が出揃い、勇利はJJ、ユリオとともにファイナルへの進出を決めました。
 喜びの余り、周りにハグしまくるところがすさまじいです。
 ヴィクトル不在で 万全でなかった彼を激励し、カツドンピロシキを渡すユリオの笑顔も素敵です。

 日本に戻り、ヴィクトルと抱き合う勇利さん。
 果たして勇利さんはファイナルの金メダルを取ることができるのか、私、気になります!

【考察等】
 フリープログラムも各選手の個性的な演技が光ります。
 広島弁の人の妹への愛の深さもよかったですし、ユリオさんの必死の演技にはずっと画面上に釘付けになってしまいました。
 勇利さんも、ヴィクトルさん不在で前半はミスしたものの、途中で持ち直すところに彼のメンタル面での成長が確認できると思います。
 圧倒的な力を持つJJさんの演技も、いろんな意味でよかったと思います。

 不安が残る中では有りましたが、何とかファイナル進出までこぎつけて何よりでした。
 世界最高の舞台で、彼らの演技を見ることが出来るのが、今からとても楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム