【アニメ感想】SHOW BY ROCK(2期9話)「絆エターナル」

 SB69の2期9話を見て感想を書きます。
 いよいよ「闇の女王」と思しきアイレーンさんとの戦いが始まりますが、彼女が音楽を憎んでいるいう前情報、徒然さんが急に急ぎ出したことで不安が募ります。
 正直、今回の負けもありえるのではないかと思っていましたが、その割には意外とあっさり終わってしまいました。
 シアンさん達の演奏はもちろんよかったのですが、それよりも実質的な活躍はロージアさん達だったのが真相のようです。
 2期になってロージアさんの株の上がり方は、ユーフォ2期の優子先輩に匹敵するかもしれません。
 余談ですが、アイレーンさんとアイオーンさんの響きが似ているのですが、妹なのでしょうか?

【内容】
 バッドバージンロジックとの対決を目の前にして、ロージアはそのボーカルであるアイレーンが「闇の女王」ではないかと忠告します。
 音楽への憎しみを持つ彼女との戦いは危険であり、戦いをやめるべきと進言するロージアに対して、シアン達は笑顔で答えつつも戦うことを決意します。

 底知れぬ音楽への憎しみを持つアイレーンには、同じバンドメンバーの2人も疑問を持っているようで、元に戻ってほしいと思いつつも、そのことを言うことができないようです。
 一方、メロディシアンアルマースを求めて旅を続ける徒然の3人は、キングからシアンたちの対番についての連絡を受け登山を急ぐのでした。

 ついに対番のときを迎えますが、なかなか言いたいことを言い出せないバッドバージンロジックの2人。
 偶然通りかかったクリティクリスタの4人は、気持ちをアイレーンに伝えるべきだと促します。
 しかし、アイレーンはダガーと関わり始めてからはだんだん自分たちの言葉が届かなくなったとのこと。
 何故音楽を憎むのかというロージアの問いに、アイレーンは全く聞く耳を持ちません。

 先行のバッドバージンロックに対して、プラスマジカは、自分を、仲間を、そして音楽を信じて、全力の演奏で応えます。
 相手方の音楽はいい曲でしたが、どうやら2人が思いとどまったおかげで「闇の音楽」ではなかったようです。
 アイレーンに元に戻ってほしいと願う2人の心が彼女を浄化してしまいます。

 対決の行方が気になるところで、まさかのダガー乱入。
 バッドバージンロジックの3人を魔物に変えてしまいます。

【考察等】
 戦いの前には不安を煽るような言葉が並んだものの、シアンさんの演奏はとても良かったですし、十分相手に勝てる演奏だったような気がします (音楽に勝ち負けというのは相応しくないかもしれませんが)。
 アイレーンさんはあっさりと浄化された印象ですが、間接的にクリティクリスタが話しかけることがなかったら、先制のライブで「闇の音楽」が奏でられてダガーさんが復活したのかもしれないと思うと、やはりロージアさんの活躍は大きいです。

 前半ではアイレーンさんにつかまれていたダガーさんが、最後に「役立たずどもめ!」と怒るさまは少しおかしいですが、クリクリのときと同じように、魔物になってしまいました。
 次回で彼女を浄化してもう少し続きそうですが、闇の女王は別に存在するのでしょうか。
 あと、アイオーンさんとアイレーンさんの関係が、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム