【アニメ感想】ブブキ・ブランキ 星の巨人(21話:2期9話) 「白鳥の歌」

 ブブキ・ブランキ(21話)を見て感想を書きます。
 頭空っぽのエピゾさんのまっすぐなところがすごくいいなと思います。
 ガチバトル、共闘に胸が熱くなりましたが、レティシアさんが亡くなってしまい、ギー様に対する怒りは最高潮へと高まりました。
 次々に人が死ぬ展開に、ラストが近いことを予感させます。
 もしかしたら、ギー様とファヴが今期の「吐き気をもよおす邪悪」かもしれません。

【内容】
 飛空挺で日本に戻ろうとする東達。
 眠ったままの礼央子を見守る新走に突然通信が入ります。

 東達に高速で迫るブランキに乗るのは、エピゾ率いるアメリカチームでした。
 大切な人のために戦うと主張するエピゾに、東は全力の拳で応えます。
 一方、遠く離れた場所では、東の母である汀(みぎわ)とラスボスのギーが保護者面談を開始します。

 人間は何故発展しえたかという問いに、先人の知恵を受け継ぐことが出来たからと応える汀。
 ギーは、神の写し絵である人間こそが地球の中心であるべきと主張するのに対して、汀は、人間は小さな生き物に生かされている存在だと反論します。
 さらに、ギーが言うには地上に落ちたブランキが食物連鎖で人間の体内に入り、その中からブブキ使いが生まれたことを、人間の血を汚したと表現するとともに、ブブキもブランキも、ブブキ使いも、すべてを浄化するのだと主張します。

 レティシアへの愛で戦うエピゾと妹を利用したギーの野望を止めるために戦う東。
 熱戦の中、頭が空っぽになったエピゾはようやくギーの言っていることがすべて嘘だと言うことに気づきます。
 やって来たレティシアに直ぐにブランキから降りるように説得しますが、時はすでに遅かったのです。
 洗脳された手足によりブランキの心臓を破壊されたレティシアは、ブランキの頭に入ってしまいます。

 レティシアを助けるために力を貸してほしいと嘆願するエピゾに二つ返事で了解する東さん。
 ここに2人の夢の共闘が始まり、相手を圧倒した上で、エピゾはブランキから降りてレティシアの元へとダイブします。
 しかし、ブランキから吐き出されたエピゾの目に映ったのは、すでに事切れていたレティシアの姿だったのです。

 レティシアを犠牲にしたギーに憤る汀に対して、ギーはこれも必要な犠牲だったとひと言。
 ギーは彼女を始末しようしますが、ブランキのザンパザ(ロシアの人が使っていたもの)に乗った新走が救出に現れます。
 汀はそのまま宝島の沈む海へと向かい、東も、レティシアの死に心を痛めつつもギーの野望を阻止するため、宝島の沈む海へと向かいます。

 海底には、宝島がそのままの形で残っていました。
 島を破壊するため自らもブランキの脳に入ろうとする東を、周囲の手足が止めます。
 一方で、薫子に語りかける礼央子さま。

 東の前に現れた汀は、自分の犠牲により島を静めると主張。
 息子の制止も聞かずに、最後の一撃を放つ汀ですが、宝島には傷ひとつつけることが出来ません。
 彼女の犠牲をあざ笑うかのように、ギーの高笑いが聞こえてきます。

【考察等】
 特に前半は、愛すべきバカ(褒め言葉)のエピゾさんの魅力が詰まったお話だったと思います。
 レティシアさんへの愛も、東さんとのバトルも良かったですし、最後の共闘も胸が熱くなります。
 それだけに、レティシアさんの命を奪うこととなったギー様への怒りが湧き上がってくるのも事実ですが。
 個人的には、レティシアさんの上品な感じが好きでした。

 汀さんとギー様の保護者面談は、互いの考えの違いがわかりやすくてよかったかと。
 人間を史上の存在とするギー様を突き動かすのは、歪んだ形とはいえ人間への愛であり、それを止めようとする汀さんもまた、子ども達への愛で動いていました。
 1期で沈んだ宝島を沈めるところで、息子の代わりに犠牲になったのはやはり愛ゆえのことだと思います。

 父親の死を知り、直ぐに母親もなくなってしまうという意味では、一番きついのは薫子さんかと思います。
 彼女に語りかける礼央子さまも、1期の何者をも近づけないような威圧感が何処かに行ったのか、少し優しくなったようなイメージが有ります。

 ギー様の野望が着々と進行しつつある危機的状況に、東さんや薫子さん、さらには礼央子さまがどのように動くのか、ますます目が離せません。
 人間とブランキの関係が今後どうなっていくのか、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム