【アニメ感想】ユーリ on ICE(8話)「勇利VSユーリ!おそロシア!!ロシア大会SP」

 ユーリの8話を見て感想を書きます。
 ロシア大会でも、中国とは別の意味で世界の強豪のいろんな意味での強さを目の当たりにします。
 完成されつつある勇利さん、失敗しつつも後半で巻き返しを図るユリオさんという対照的な2人がよかったですし、何よりも最後のJJさんが、声優さんの演技もあってすごいことになってました。
 最後に、ヴィクトルさんのまさかの発言には驚きしかありません。

【内容】
 ロシアに帰国したユリオは祖父と再会してピロシキをかじりますが、勇利のコーチとして帰国したヴィクトルにやきもきします。
 一方、勇利は知り合いの少ないロシア大会に戸惑った上に、ここで負けたらヴィクトルはどうなってしまうのかと不安になってしまいます。

 グランプリファイナルへの出場資格は残り4枠。
 世界の強豪がひしめく中、勇利、ユリオはこの枠に割って入ることが出来るのでしょうか。
 計算づくのすべりを見せる韓国のスンギル、チェコのエミルに続き、イタリアのミッキーの広島弁とあふれるばかりの妹への愛には圧倒されてしまいます。

 「ロシア中に僕の愛を見せ付ける」
 ヴィクトルに語る勇利は、見事ノーミスでショートを滑りきり、パーソナルベストを更新しつつこの時点のトップに君臨します。
 会心のすべりに思わず勇利の靴にキスするヴィクトル。

 「どけ、豚」
 おじいさんがこないことに動揺した上に、勇利の無邪気な応援にいらだつもう一人の「ユーリ」。
 失敗しつつも、途中で軌道修正を行えるのはさすがかと。

 2人のユーリが1位、2位の状態で演技を行うのは、カナダのジャン・ジャック(JJ)という男でした。
 声優さんの名演もありますが、圧倒的なすべりで観客を沸かせ、いきなりのトップに躍り出ます。

 2位で次のフリープログラムに臨む勇利ですが、そんな彼に、幼い頃から一緒にいた犬が瀕死との知らせが入ります。
 ヴィクトルに帰国するよう促す勇利。
 そのヴィクトルは、ロシアのヤコフに勇利のコーチを変わってほしいと言い出します。

【考察等】
 ロシア大会もいろんな意味で強豪が登場します。
 なぜか広島弁を話すエミルさんには圧倒されましたが、真打はやはりJJさんでしょうか。
 声優さんの名演技もあってすさまじい存在感を放っていました。

 主人公の勇利さんは、中国大会からさらに完成度を高めつつあるのがよかったかと。
 対するユリオさんも、心も体も未完成ながらもまだまだのびしろのあるすべりが見事でした。

 エミルさん、JJさんも驚きですが、最後のヴィクトルさんのコーチ変わって発言も驚きです。
 次回のフリーで、二人のユーリさんがどのようなすべりを見せるのか、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム