【アニメ感想】夏目友人帳 伍(7話) 「遠い祭り火」

 夏目さんの5期7話を見て感想を書きます。
 旅館のお手伝いにやって来た貴志さんですが、妖怪を巡る騒動に巻き込まれてしまいます。
 いい人そうなおばあさんの意外な正体に驚きつつも、田沼君との優しいエピソードには心が洗われるようでした。
 少々のホラー要素はありましたが、田沼君を思う貴志さんの優しさは素敵だなと思います。
 これだけ人に優しくできることがすごいと思いますし、私も優しい気持ちになれました。

【内容】
 田沼君の親戚を手伝うということで、温泉旅館にやって来た貴志とクラスメイトたち(そして先生)。
 旅館は「要ちゃん」こと田沼君の親戚が経営していて、そのお手伝いの代わりに部屋を自由に使わせてくれるとのこと。

 外を掃除していると、田沼君の知人のイトさんがやってきます。
 若い男性にはしゃぐ素敵なおばあさんは、皆さんにひとつずつアメをくれました。

 貴志たちは日中は仲居さんのお仕事、夜は温泉に入り、眠れないと枕投げに興じます。
 変な声が聞こえて目が覚めたとおもうと、天井がずれていることを発見。
 「酒を奪い取ってやる」と先生が調査を続行します。

 結局昨日は一睡もできなかった貴志さん。
 その翌日、人数分用意されたはずの食事が1人分足りないこと、そして5人のはずの宿泊客が6人に増えていることがわかります。

 仕事をしつつ客に探りをいれる名探偵の貴志さん。
 子どもが転んだので薬箱を取ってこようと物置にやってきたのですが、そこでイトさんが妖怪だと判明します。
 先生を「白饅頭」と呼ぶイトさんには少し笑ってしまいますが、お祭りで使うお面が盗まれてそれを探していイトさんを、貴志は手伝うことになりました。

 田沼君とばったり会った貴志ですが、イトさんの正体は口止めされているのでいえません。
 ふと、人間だったと思っていたら妖怪だとわかったら寂しいという彼の言葉がよぎります。

 貴志たちは再び仕事をしつつ事情を探りますがらちがあきません。
 実際聞いて見ると、女の子がお面をつけていたのですが、彼女は操られていただけでした。
 先生が真犯人を確保したものの、貴志はやってきたイトさんの強い気に気を失ってしまいます。

 貴志を気遣って、お祭りは次の日に行くことになりました。
 布団に横たわる貴志を見て、田沼君は、自分が昔お祭りにいって迷子になり、イトさんに助けられた事を思い出してました。

 その夜現れたイトさんは、貴志に正体を見破られたから別の町に移ると言い出しますが、田沼君のことを察した貴志は全力でそれを止めます。

 次の日、お仕事を終えた一同はお祭りを満喫していました。
 巫女さんの舞を見て、田沼君は「昔、イトさんがときどき恐かった」とひと言。
 彼女が妖怪ではないかと察しつつも、お世話になった人に自分の友達を見せたかったとつぶやく田沼君の目は強く輝いていました。

【考察等】
 朝から暖かい気持ちになれましたし、田沼君の過去を知ることも出来てよかったと思います。
 友達を察して動く貴志さんのそんな優しさは、見ていると何処か癒されます。

 温泉旅館といえば、真っ先に思いつくのは花咲くいろはでしょうか。
 働く貴志さんを見て、花いろをみて仲居さんとして就職した男性を思い出したのは私だけだと思います。

 一番の驚きは、なんと言ってもイトさんの正体でしょうか。
 気のいいおばあさんだと思っていたら、まさかのホラー要素にびっくりです。
 イトさんが幼い田沼君を助けたのは気まぐれなのかもしれませんが、いつしか強い絆になっていたのかもしれません。

 人が人を思いやる、こういった優しい気持ちになれることはすばらしいことだと思います。
 現代ではなかなか見ることの出来ない光景かも知れませんが、こういった気持ちを忘れないで生きていければと思う今日この頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム