【アニメ感想】アイドルメモリーズ(8話)「それぞれの努力」

 アイドルメモリーズの8話を見て感想を書きます。
 学園長の厳しい目標にそれぞれが努力で応えようとするなか、仮面男の陰謀が動き始めます。
 この人は学園長の写真にダーツを当てているところから何かの因縁があるのだと思いますが、それにしてもなかなかにしつこいお方かと。
 SNSという小手先に踊らされる2人に動揺するリンさんですが、果たしてここからどう巻き返すのか、私、気になります!

【内容】
 スターリングとシャドーの6人は突然学園長に呼び出され、「ルーキーズフェス」に学園代表で出場するように打診されます。
 しかし、その条件は短期間でランクを20位以内に上げることと厳しいものでした。

 6人はむずかしい目標に戸惑いながらもそれぞれ必死の努力を続けます。
 そんなところに、仮面の男の意を受けたみはる(スパイ)が現れ、SNSの活用を勧めるのでした。

 SNSで情報を発信したことにより、すこしずつ順位を上げるスターリング。
 どうして敵の順位を上げるのかと疑問を呈するみはるに、仮面の男は小手先でのことなどたかが知れており、頭打ちになったときこそメンバーの間に不協和音が生まれるとのこと。
 ダーツで学園長の写真を射抜くこの男と、学園長とは何かの因縁があるのでしょうか。

 SNSにより順位を上げるスターリングに学園長は「ダメです」とひと言。
 こんな手法とは違った方法で上を目指してほしいと願う彼女ですが、あくまでそのことを彼女自身で気づいてほしいと知らせることはしないのでした。

 シャドーの練習後に、自分も努力しなければと意気込むリンさん。
 しかし、他のメンバーはSNSに夢中になり、意見がかみ合いません。
 そんなリンさんの前に、みはるが現れるのでした。

【考察等】
 最後の試練が出てきた、そんな感じのお話でした。
 一方で、仮面の人の執拗に主人公達を狙うところは、学園長との因縁があったからこそなのではないかと思えてきます。
 痴話げんかのとばっちりということはないとは思いますが。

 SNSでの情報発信をすべきという一見正論とも言えるみはるの提案ですが、それにのめる込む余り本来やるべき練習がおろそかになっている側面が露骨に出てきてしまいました。
 私の場合は、SNSを活用しても見向きもされないので、順位が上がるのはちょっとうらやましいですが。

 敵の分断作戦がすこしずつうまくいきつつある中、リンさんがどうこの状況を切り開くのか、目が離せません。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム