【アニメ感想】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(10話)「ラ・サイア・アルデラミン」

 ねじ巻き精霊戦記の10話を見て感想を書きます。
 戦争は新たな局面を見せ、主人公も状況を打開するために相当の覚悟を強いられます。
 まさか、指を切るなんて展開、だれも想像できません。
 主人公の覚悟もそうですが、マシューさんもすごくかっこよくてよかったです。
 そして、ライバル的な相手も出てきてますます先が気になります。

【内容】
 敗走して集落に戻ったナナ(シナーク族長)ですが、暴徒と化す帝国軍に捕らえられてしまいます。
 状況を重く見たイクタは今までにない迫力で友軍を止め、ナナを救出します。

 最悪の幕切れでは有りましたが、戦争は幕を閉じました。
 しかし、「敵はシナーク族だけではない」とイクタはつぶやきます。
 敵がエアライフルを持っていたことから、その正体は博士の亡命先のキオカ共和国の亡霊部隊に他なりません。

 安全地帯にいた中将は戦いが終わったと聞いて喜んでやってきますが、そんな彼らの前にアルデラ教の世情査察官を名乗る連中がやってきます。
 彼らは「精霊の虐待」容疑について捜査しに来たといい、反論する中将の声には耳を貸しません。

 中将の命令で査察官を尾行するよう言われたイクタは仲間と共にその後を追います。
 すると相手は大軍をすでに編成していたのです。
 トァック少佐を殺害した連中がアルデラ教の服を置いていったことから、イクタは敵はキオカ共和国だけではなく、アルデラ教国もまた反乱の糸を引いていたことを見抜きます。

 先ほど得た情報を元に作戦会議が行われます。
 12000もの敵軍に対して戦いを挑むのは得策ではなく、一部を足止めに残して撤退することに。
 イクタはその際の人員としてシナーク族に協力を依頼することを提案します。

 ナナの元を訪れ、暴徒と化し虐殺を行った帝国の蛮行を謝罪するイクタ。
 その証として、弓で娘を射抜いた故事を引き合いに出し、自分の小指を切断します。
 その光景に、ナナは目の前の帝国軍人がかつての知人であることを思い出します。

 イクタはアルデラ教がこの区域を占領すればシナーク族の立場は悪化することを説明し、今後帝国内での状況を改善することを約束してシナーク族の協力を依頼し、ナナはそれを聞き入れます。

 上官である大尉と仲間と合流するイクタとヤトリ。
 大尉から、イクタとヤトリは中尉に、マシューたちは大尉にそれぞれ昇進が言い渡されます。
 イクタはマシューとハロを撤退させることを提案しますが、マシューは「仲間に言うべきことはそんなことではないだろう(意訳)」と食って掛かり、ハロともども残ることを決意します。

 森を焼いて敵兵を足止めをするイクタさん達。
 しかし、アルデラ教も客員将校の手早い策により同じく森を焼いてきます。
 その名は、「不眠(ねむらず)の輝将」の異名を持つジャンという男でした。

【考察等】
 戦争は一旦終了しましたが、まさにむなしさが残ります。
 敵の背後にキオカがいることについては、前回の時点(エアライフルの知識があったこと)でなんとなく想像はしてたのであまり驚かないところです。

 アルデラ教なる組織が登場し、戦いは新たな局面を迎えます。
 逃避行といえば、三国志の「長坂の戦い」(曹操軍から逃走→赤壁の戦い)がふと頭に浮かびますが、あまり関係ないので脱線はこのくらいにしておきます。
 シナークの力を借りるためとはいえ、まさか主人公が指を切るシーンが出てくるとは思わなかったですし、いつから任侠ものになったのかという声も聞こえてきそうです。
 少し前の「鉄血のオルフェンズ」では兄弟の盃を交わすシーンがあったのをふと思い出します。

 撤退するようにすすめられたマシューさんがイクタさんに食って掛かるところはかっこよかったと思います。
 まさに「有能なデブ(褒め言葉)」の一人なのかもしれません。
 ただ、前述のオルフェンズにおけるビスケットさんや「甲鉄城のカバネリ」のたくみさんの例を見ると、太った人の死亡率は最近高いようです。

 最後に、敵軍について。
 総大将らしい人物はなかなか豪快な人物に見受けられ、そのお声(オーキド博士)から大物感を抱かずにはいられません。
 アスタリスクで綺凛ちゃんに暴力を振るっていたおじさんは小者だったかもしれませんが。
 そしてライバルと目される「不眠」の方は、中の人ネタでいえばルルーシュさんでしたし、もうその声だけで強敵だとひしひしと感じます。

 思いつきであまり関係ないことばかり書いてごめんなさい。
 次回、主人公と敵の軍師(?)との戦いがどうなるのか、ますます目が離せません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長坂の戦い、ご存じでしたか。

あの戦いでは、張飛さん趙雲さん達が活躍しましたね。

私のブログの三国志プレイレポートも、読んでくださる方が増えてきました。

記事を放置ばかりしていられないので、早めに続きを書きたいです。

さて、ねじ巻き精霊戦記と無関係なことを書いてしまってごめんなさい。

また明日、お会いいたしましょう。

Re: No title

> 長坂の戦い、ご存じでしたか。
>
> あの戦いでは、張飛さん趙雲さん達が活躍しましたね。
>
> 私のブログの三国志プレイレポートも、読んでくださる方が増えてきました。
>
> 記事を放置ばかりしていられないので、早めに続きを書きたいです。
>
> さて、ねじ巻き精霊戦記と無関係なことを書いてしまってごめんなさい。
>
> また明日、お会いいたしましょう。

 コメントのお返事遅れました。
 三国志、人気の作品ですし反響も大きいのでしょうね。

 長坂の戦いでの張飛さんが橋のところでたんかを切るシーンと、趙雲さんがアトさんを救出するシーンは名シーンですね。
 その後玄徳さんが子どもを投げ捨てるシーンもあったかと思います。

 ねじ巻き精霊戦記については、色々と考えさせられるお話かと思います。

 これからもブログ拝見したいと思いますので、がんばってくださいね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム