【アニメ感想】甘々と稲妻(9話)「うちのおうちカレー」

 甘々と稲妻(9話)を見て感想を書きます。
 カレー大好きなのでタイトルからワクワクしてみましたが、意外とお話が重たかったです。
 もちろんお料理は楽しそうでしたし、おいしそうで良かったと思います。
 若くして亡くなられたお母さんですが、子供用と大人用を分ける手法など、本当にいいお母さんだと思います。
 私も、生きているうちに母に何か出来ればと思ってしまいます。

【内容】
 お泊り保育で、初めて子供用の包丁を持ったつむぎちゃん。
 夕食のカレーライスは上手に出来、保護者の方と一緒においしくいただきました。
 しかし、つむぎにとってはこれは「ふつうカレー」とのこと。
 これとは別に、干しぶどうをいれた「おうちカレー」があったのです。

 花火をした後、子ども達は幼稚園に残り、先生は帰宅します。
 家事をこなしてくつろいでいる間も娘を心配する先生ですが、そのつむぎちゃんは熟睡しているようです。
 そんなとき、友達の八木さんから連絡があり、「おうちカレー」がドライカレーだと思い出した先生はあることを考え付きます。

 カレーを作りたいと連絡した先生に対して、小鳥は「カレー大好きです」と快く了承します。
 先生は材料を探している中で、お母さんの残したレシピを発見します。
 「おうちカレー」を作ると聞いたつむぎちゃんは大喜びです。

 いつもどおり「恵」に集合する3人は、レシピをもとに「おうちカレー」を作ります。
 まず野菜を切ろうということになり、包丁を使えると張り切るつむぎちゃんですが、大人用の包丁は危険だからと先生と一緒に作業します(にんじんを切っただけで、他は先生一人で作業します)。
 そんなつむぎちゃんを見て、小鳥は包丁を使えない自分を情けなく思うのでした。

 野菜のみじん切りの後は、固形スープの素でスープを作りつつ、具を煮込んでゆく作業に移ります。
 にんにく、しょうが、たまねぎ、野菜、肉の順番で火を通し、カレー粉、トマト、レーズン、リンゴ、ピーマンにスープ……!?
 つむぎちゃんの嫌いなピーマンが入っていることを危惧する2人ですが、つむぎちゃんはあっさりと「いいよ」と一言。
 甘々の魔法カレーはどんなものもおいしくしてしまう不思議なカレーだったのです。

 カレーが出来上がった後は、子供用を取り分けた後、大人用にガラムマサラなどを加えます。
 こういった工夫が出来るのはいいお母さんだと、小鳥さんのお母さんは言っていたそうです。
 妻を褒められた先生は、思わず笑顔をこぼします。

 出来上がったカレーをすごい勢いで食べるつむぎちゃん。
 その光景を見て、今は亡き妻を思い出す先生。
 たまねぎを切って涙を浮かべ、先生のメガネをかけてふらふらになっている、お茶目なお母さんの姿です。

 おうちカレーを食べてお母さんを思い出したつむぎちゃん。
 しかし、「ママが来ないのに作った!」と突然泣き出してしまいます。
 あわてた先生は謝り、もう作らないと言いますが、やっぱり食べたいつむぎちゃんでした。

【考察等】
 今回何気に「甘々」の言葉が出てきたところに注目でしょうか。
 稲妻については出る気配がないですが、これもそのうち出てくるのかが注目されます。

 幼稚園のおとまりのところで、つむぎちゃんはよくできましたが、他の子もすごく子どもらしい反応でほほえましく思えます。
 私にも、あのような時代があったのかもしれません。

 お母さんのカレーを作るところで、自分が包丁を使えないことに落ち込む小鳥さんが心配です。
 今後このトラウマを克服することが出来るのかが気になります。

 先生とお母さん、つむぎちゃんの回想では思わず涙が出てきました。
 先日のラブライブサンシャインもそうでしたが、最近少し泣きすぎなような気がします。

 次回どのような料理になるのかわかりませんが、また楽しくおいしい料理を期待したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム