【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第12.5話「レミニセンス」

 SAOの3期後半戦の12.5話を見て感想を書きます。
 数回原作を読んでいるので主だった展開は何となく覚えています。
 要介護状態のキリトさんはいつになったら復活するのでしょうか。

【内容】
 整合騎士アリスは胸を引き裂かれるほどの悲しみを感じながらも最高司祭アドミニストレータと対峙します。
 戦いは熾烈を極め、アリス、キリトが倒され、ユージオが自らの体を剣に変えるなどしてそれを打ち破ります。
 騎士団長ベルクーリは残った騎士を集めて来たるべき「決戦」に向けた準備が進めることにしました。

 アリスは心神喪失状態のキリトを故郷「ルーリッド村」へと連れていき、こんな村人を守るべきなのかと迷いを抱きます。
 ユージオは命を失い、キリトが心神喪失になってまで守ろうとした世界とは一体何だったのでしょうか。
 村は闇の軍勢の襲撃を受け、アリスは再び鎧をまとい「金木犀の剣」であっという間にゴブリンを全滅させます。

 アリスはロニエ、ティーゼにキリトを任せ、来たるべきダークテリトリーとの戦いに身を投じることになりました。
 色々とカットされながらも5万という闇の軍勢が集まってきて、「最終負荷実験」の名の下についに東の大門が砕け散ります。
 整合騎士は圧倒的な実力を持ちながらもその数の少なさから苦戦を強いられているようです。

 1度は逃げていたレンリが復活し、ベルクーリがミニオンを全滅させ、アリスは大規模術式で敵を焼き払うことに。
 人間も亜人もまた同じ光を放ち、持っている魂が本質的に同質なのではないかと考えます。
 オーガの族長は暗黒神ベクタが「光の巫女」を求めていると言い、アリスは自分がおとりになって敵を撃破することに。

 エルドリエは命を代償にして大規模な暗黒術からアリス達を守り、激怒したアリスは2匹の飛竜とともに敵陣へと突入します。
 暗黒神ベクタもといガブリエル・ミラーはアリスの姿にかつて自分が葬ったアリシアの姿を重ねて歓喜します。
 ヴァサゴはティーゼにとどめを刺そうとしますが、ステイシアのスーパーアカウントで降り立ったアスナは地面を割ってきました。

 アスナは変わり果てたキリトの姿に涙を流し、アリスとともにリアルワールドに脱出すべきだと説明します。
 その夜はアリス、ティーゼ、ソルティリーナとキリトについて語り明かします。
 敵は外国(原作ではアメリカ)人プレイヤーを赤い騎士としてログインさせ、奮戦したアスナは左腕を失ってピンチに陥ります。

 敵であるはずのイスカーンが助力してくれたものの、アリスはベクタによって連れ去られてしまいます。
 イスカーン、シェータにしんがりを任せてアリスを追いかけるアスナですが、そこに新たな赤い騎士の群れが襲いかかります。
 絶体絶命の危機に陥ったアスナを救ったのは同じくスーパーアカウントでログインしたシノンでした。

 「連射できない?上等じゃない」と不敵な笑みを浮かべるシノンさん。
 アスナはシノンに抱きつきますが、ここからどうアリスを救ってキリトが復活するのでしょうか。
 ヴァサゴは「とっておきのアカウント」でログインすると言いますが……

【感想等】
 3ヶ月の開きがコロナの影響で6ヶ月になったので、総集編はむしろありがたいです。
 冒頭のシーンはかなり飛ばしすぎていますが、原作を事前に読んでいるのでなんとかなりそうです。
 セルカさんとアリスさんが抱き合う日常生活を送るシーンがなかったのは少し残念です。

 色々カットされたせいで整合騎士の苦戦があまり伝わらないのは時間の都合なので仕方ないのかもしれません。
 エルドリエさんの死亡シーンで涙を流し、これからの展開を思うときっとまた泣くような気がします。
 エンディングでリズベットさんの演説シーンが出た時にちょっと感動しつつ、残りのお話もぜひとも見ていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム