【アニメ感想】メジャーセカンド 第2シリーズ 第6話「バックアップ」

 メジャーセカンドの2期6話を見て感想を書かせていただきます。
 初回の流れとこれまでの傾向から見るに十中八九勝てそうな気がします。
 最上級生の丹波さんがどんなプレイを見せてくれるのでしょうか。

【内容】
 初戦の相手は女子だとなめきっていて、千里の好走塁と弥生のホームランであっさり3点を先取します。
 本気になった相手は変化球を織り交ぜて次々と三振を取ってきました。
 睦子は立ち上がりが不安定でしたが、大吾はマウンドの高さに問題があることを見抜いてきました。

 調子を取り戻した睦子は打たせて取るピッチングで初回を無失点に抑えます。
 投球動作は軸足からはじまるらしく、仁科に下半身を作らせている理由もそれらしいです。
 気づけば三船リトルで一緒に野球していた卜部やアンディも試合観戦していました。

 アニータは大吾が気づいたおかげでうちが(キャッチャーとして)あかんぱちやんかとつぶやきます。
 相手ピッチャーはスライダーを効果的に使って三振を取ってきましたが、大吾はこれで終わるつもりはありませんでした。
 大吾は丹波に狙い球を絞って振ってみましょうと言い、相手の得意球のスライダーを当てたものの三振に取られます。

 丹波は「次は俺もくらいついていくよ」と言い、アニータは「このチームは打線がお粗末やな」とつぶやきます。
 関鳥は素早い返球でアウトを取り、相手は2巡目で狙い球を絞って点を取ろうとしてきました。
 睦子は「いけるかもしれない」と調子を上げ、アニータはストレートを混ぜて狙いを定めさせませんでした。

 丹波はエラーで相手の出塁を許し、今度は悪送球でピンチを広げてしまいました。
 あと一つで県大会出場が決まるというところでエラーをしたことを思い出してイップスになった丹波さん。
 大吾は「そのイップス少しずつ直しましょう」「ミスしたっていいんですよ」とカバーしてきました。

 ピンチを切り抜けた大吾を見て卜部達は「茂野、肩よくなってるじゃないか」とどこかうれしそうです。
 卜部は「ああいうところはぜんぜん変わってないな」「敵に回すと嫌なやつだぜ」とひと言。
 大吾はヒットを打って追加点を取り、6回コールドで初戦を突破しますが、先生は休みが潰れて嫌そうです。

 大吾は次の試合を観戦することにし、卜部やアンディが2年ながら中軸を打っていることを評価します。
 卜部はエースナンバーをつけながらも投げず、次の試合で投げてくることが濃厚です。
 大吾は睦子は70球しか投げていないから明日も投げさせると言い、その相手は盗塁11、犠打7の機動力野球のようです。

【感想等】
 初回で3点を取り、その裏にそれを守り切って完全に流れが来ていると思います。
 アンディさんと卜部さんが見に来ている時点で次の試合のことをつい考えてしまいました。
 勝ち進んでいけばそのうち道塁さんや渉さんとも戦うことになりそうです。

 女子メンバーがどうしても目立つ本作だけに、そこで丹波さんのメイン回というのはなかなか興味深いです。
 丹波さんのエラーをチームプレイで補うところはみんなで野球している感じが出てとてもよかったです。
 次は卜部さん達との戦いになりましたが、かつてのチームメイトはこちらの手の内をどこまで知っているのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム