【アニメ感想】波よ聞いてくれ 第10話「私がせねばなるまい」

 波よの10話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は女性ながらも侠気あふれるミナレさんが素敵すぎました。
 今回は宿敵・光雄さんを(もちろん番組内で)埋葬するらしいです。

【内容】
 久連木は小説家一本でやっていくことを決意し、52歳でこれが最後だとつぶやきます。
 光雄との決着をつけたミナレは「こういうことです」とマスコットを出してきました。
 兼嗣は「普通にデートしてたのか?」と言い、瑞穂はスマホが遠のいていくとつぶやきます。

 ミナレは延々としゃべり続けますが兼嗣はスルーし、ミナレからICレコーダーを回収します。
 兼嗣は加工豚(かこうとん)、加工猿(かこうえん)に連絡を取り、光雄を埋葬しろなどと言ってきました。
 ミナレは瑞穂のところを出て行くと言いますが、瑞穂も亀も寂しがっているようです。

 瑞穂は光雄と暮らすのかと言いますが、ミナレは自分が好きになるタイプってああいう男だとつぶやきます。
 ミナレは意外と尽くすタイプらしく、何でも出来る男だと逆に不安になるらしいです。
 忠也は新しいメニューを出してミナレに名前をつけてくれと言い、ミナレはマキエとのラブい空気を感じます。

 掃除の回数や裁縫について聞いたミナレは、しっかりした忠也に「駄目だこりゃ」とつぶやきます。
 兼嗣からの連絡でミナレは「観覧車」「キスされそう」と出してきて、それを聞いていた忠也は涙が出そうになってしまいます。
 ミナレは「光雄と会ってた」と言って忠也にとどめを刺し、マキエは「中原さんをこけにしないでもらえますか」と言ってきます。

 マキエは忠也は優しい人だと言い、これ以上彼をもてあそばないでくれないかと言ってきました。
 ミナレは「あんたがなぐさめてやればいいじゃん」と言いますが、マキエは「泊めてもらってますが暮らしてません」と反論します。
 兼嗣が「私生活の不満を吐き出したか?」とミナレを呼びに来て、特別ゲストがお待ちなのだとか。

 瑞穂は加工豚と加工猿の音響の話で目を輝かせ、彼らは銀河帝国うんぬんと過去の放送を振り返ります。
 ミナレは2人を見て「芸人ですか?」と言いますが、実際は大阪のラジオ局を退職したのを引き抜かれたそうです。
 光雄の声が聞こえてきたのは本人ではなく、この音声は兼嗣の声を伝説の2人が加工したものらしいです。

 兼嗣は今回の番組で光雄を埋葬し、ミナレは死んで(ラジオパーソナリティに)生まれ変われと言ってきます。
 ミナレは兼嗣と一緒に(番組内で)光雄を埋めていき、その後は彼に口づけして「色魔か」と突っ込みを入れます。
 さらに「殺すと体がほてる感じ」と自分で言いつつも心の中では「何このメンヘラ」と言ってしまいました。

 地面から殺したはずの光雄が出てきて「お腹減った」などとのたまいます。
 ちなみに次のタイトルは「嫌気生物(増殖に酸素を必要としない生物)は畏れない」だそうです。

【感想等】
 52歳でも好機が訪れるように、人生生きていれば何かとチャンスが訪れるようです。
 半分ほどしか生きていないミナレさんが元彼と決別しても、まだまだ可能性は無限に残されているはず。
 「シセル光明」さんといい、加工豚さんといい、さりげない三国志ネタがけっこう好きです。

 音響のお二人がなかなか強烈なキャラで、光雄さんまんまの声が出てきたのは驚異のひと言です。
 見ていると収録現場に立ち会っているような感じがして、本当に光雄さんを埋めているような臨場感がありました。
 次回タイトルからまるで内容が読めないのですが、ミナレさんは酸素がなくても生きていけるのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム