【アニメ感想】美少女戦士セーラームーンR 第18(64)話「銀水晶を求めて!ちびうさの秘密」

 セラムンの2期18話を見て感想を書かせていただきます。
 魔界樹編直後に空から降ってきたちびうささんを少し掘り下げてみるようです。
 彼女はどんな目的があって銀水晶を求めているのでしょうか。

【内容】
 ルベウスの配下「あやかしの4姉妹」がお化粧をしつつ男をとりこにする云々と言っていました。
 「ファッションなどにうつつを抜かしているばあいではない」と苦言を呈するルベウスさん。
 ルベウスはラビットの弱点は「雷」だと言い、ペッツの配下にはうってつけのドロイドがいるそうです。

 ドロイドが雷を発生させ、うさぎはルナから学校にちびうさを迎えに行けといわれます。
 ちびうさは雷を恐れつつも人前では泣かず、一人の時はパパやママを思い浮かべて涙を流します。
 うさぎは雷を恐れながらも学校にやって来ましたが、学校にはちびうさはいませんでした。

 衛と出会ったうさぎは抱きついたものの、衛は「俺はもうお前とは付き合いたくない」と言ってきます。
 「幼い子がいなくなっているんだぞ」とちびうさを心配する衛に、うさぎは改めてついていくことを決意します。
 亜美は雨がやむまで勉強をすると言い、まこと、レイ、美奈子が集まってきていました。

 ちびうさは「プー」にママ達のところに戻りたいと言いますが、ママを助けるには銀水晶が必要だと突っぱねられます。
 「帰りたい!」と鍵の力を発動させて無重力っぽくなり、ペッツもうさぎもちびうさの場所が判明します。
 ドロイドは雷でちびうさを攻撃し、うさぎはセーラームーンに変身して「月に代わってお仕置きよ」と言い放ちます。

 太鼓に苦戦を強いられるうさぎを助けに来たタキシード仮面は「ちゃんちきおけさでも踊るがいいぞ」などと言い出します。
 うさぎはドロイドを浄化してペッツは退散を余儀なくされ、タキシード仮面は蹴躓いて転びそうになります。
 ちびうさは鍵を出して無重力を解除しつつも、自分はママ達のいるところに帰りたいといい、うさぎは協力すると言ってきます。

 タキシード仮面は「誰にでも話したくないことがある」と言い、ちびうさを抱きしめてきました。
 うさぎはタキシード仮面をひとりじめされて不機嫌になりつつも、ちびうさが元気になったのはうれしいようです。
 最後は綺麗な虹が出て、みんなそれを見てうっとりしてお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 あやかしの4姉妹はなかなか強烈なキャラで、ペッツさんの中の人は緒方恵美さんでした。
 男性キャラを演じることの多い方ですが、妖艶な感じでちょっとドキドキしします。
 ちなみに3期までがんばれば全く違った演技で出演されるのでそれはそれで楽しみです。

 クリスタルポイント云々というここ数回のパターンと違ったお話だったので少し新鮮でした。
 突っぱねられても衛さんについていくうさぎさんも、人前では泣かなかったちびうささんも素敵だと思います。
 ちゃんちゃきおけさのタキシード仮面様が事案っぽく見えつつも、土日で残り6話を見ておきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム