【アニメ感想】「ラブライブ!The School Idol Movie(劇場版ラブライブ)」を見ました!(第2版)

 ラブライブの劇場版について、昨年8月12日に1度目見たものの、今日のNHKさんのテレビ放送を期にもう一度見たので感想を書きます。
 最後まで穂乃果さんらしさが出ていた、一言で言えば、アニメの真の完結編と言える作品に仕上がっていました。
 「スクールアイドルの魅力とはなにか」という大きなテーマについて彼女なりの答えを出したのはよかったと思います。

 大きなテーマの一方で、(ネタ的な部分を含む)細かいところもしっかり描かれていて見ててあきません。
 たとえば、前半でのホテルでの海未さんの顔芸、にこさんのきゅうりパック、あるいは花陽さんの白米へのこだわりなど、それぞれのキャラクターのツボをしっかりとらえているところも見ていて楽しいです。

 もちろんライブも文句の付け所がなかったです。
 前半のニューヨーク(?)でのライブについて、歌はもちろんのこと、和風を思わせるような衣装は可愛さと妖艶さを合わせたような感じでよかったと思います。

 後半では、解散するつもりだったのを蒸し返したことは事実ですが、それでもスクールアイドルの何が好きなのか、そしてその素晴らしさを伝えようとする穂乃果さんの出した答えは、よかったと思います。
 全国から集まったスクールアイドルの皆さんを見て、ラブライブ最終予選で生徒の皆さんが雪かきをして道を開いてくれたところと重なってみえて感動しました。
 また、このμ'sの活躍が後のラブライブサンシャインにおける参加アイドルの増加やドームでの決勝につながるのだと思うと、ますますそのことの意義は大きかったと思います。

 始めは講堂に人を集めることもろくに出来なかったのが、1期では廃校を阻止し、2期でラブライブに優勝し、そしてついには画面内外の多くの人を動かすだけに至ったことは本当にすごいと思います。
 まさに、μ'sのキャッチフレーズである「みんなで叶える物語」そのものでした。

 細かい内容については追記に書きました。
 思い切りネタバレなので、実際にご覧になってから見ていただければと思います。
 ※更新履歴
  2016年8月12日 第1版(1度目の視聴)
  2017年1月3日 2度目の視聴を反映して修正・追記等

1 「ラブライブ!The School Idol Movie」の内容
 「ドーム大会です!」
 3年生の卒業式が行われた後、花陽の口から発せられた一言に衝撃が走ります。
 話によると、第三回のラブライブが「アキバドーム」で開催されることが予定されているとのこと。
 理事長から、ドーム開催を成功させるためにてこ入れが必要だということから海外ライブが計画されたことを聞いたμ'sの皆さんは、一路海外に向かうことになりました。

 9人が飛行機で移動した先は、「世界の中心」ニューヨーク(?)でした。
 タクシーの行き先のメモを写し間違えたせいで海未たちが全く違うホテルについてしまったというハプニングがありましたが、何とかホテルで合流し、今後の予定について話し合います。
 外が怖くなった海未は「外に出ないで練習しましょう」と言い出しますが、絵里は練習もしつつ、町を回ってどこがライブに相応しいか一緒に考えようという結論になりました。

 次の日、外を走っている最中にステージを見つけた9人は現地の人と流暢に英語を話す希の姿にぼうぜんとなります。
 その後は食事やウィンドーショッピングを経て、綺麗な夜景に感動します。

 凛が言うには、常に変化し続けるこの町がどこかアキバに似ているのではないかとのこと。
 どこででもライブがやれそうだと、雨の中を歌いだす1年生たち(ミュージカルパート)。

 「白米が食べたい」という花陽のために日本食のお店に行った9人ですが、帰りの電車に乗り間違えた穂乃果は他のメンバーと離れ離れになってしまいます。
 そんな彼女の前に、ある一人の女性シンガーが現れ、一緒にホテルまで連れて行ってくれることになりました。
 女性シンガーは、昔は穂乃果と同じように仲間と一緒に歌っていたとのこと。
 それからどうしたのかについては、彼女は口を閉ざします。

 穂乃果はホテルの前で仲間と合流を果たします。
 心配する海未に怒られ、謝った穂乃果に対して絵里は「明日のライブでしっかりしてほしい」と一言。
 そして、夜景をバックに、和風を思わせる衣装に身を包んだ9人のライブが行われます。

 「サインください!」
 帰りの飛行機で、いい思い出が出来たと喜ぶμ'sの9人ですが、空港で女の子たちの視線を感じます。
 たちまちサインを求める長蛇の列が出来、街中でも声をかけられるという人気ぶりに、一同は困惑せずにはいられません。

 この盛り上がりから当然期待されること、それは次のライブの開催でした。
 ラブライブをもってμ'sを解散すると(アニメ2期10話で)決めていたのですが、そのこと自体は全く他の人には伝えられておらず、あれだけ大きなライブを行ったなら、「続けてほしい」と打診が来るのは当然の話です。

 希は、真姫がひそかに作っていた新曲で、本当の最後を伝えるためにライブを行おうと提案します。
 一方で、自分達がやめたらドーム開催はなくなってしまうかもしれません。
 板ばさみになる穂乃果さん。

 穂乃果は、アライズのツバサから呼び出され話をすることに。
 その中で、自分達が辞めることを決めていたこと、その一方で、周りの期待に応えたいという思いがあることを打ち明けます。
 一方でアライズは高校を卒業しても、活動を行っていくと宣言し、改めてμ'sも続けてほしいとひと言。

 悩む穂乃果の前に、ニューヨーク(?)で出会ったあの女性シンガーが再び現れます。
 「飛べるよ」と微笑みかける女性シンガーさん。
 かつて水溜りを大きく飛び越えたことを思い出す穂乃果さん。
 そして、彼女はある一つの結論に至ります。

 限られた時間で輝きを放つスクールアイドルが好き。
 だからこそ、μ'sはこれまでの方針通り、今度のライブで活動を終える。
 一方で、スクールアイドルの素晴らしさを皆に伝えたい。

 穂乃果は、μ'sだけでなく、スクールアイドルみんなで一つのライブを行うことを提案し、各地のスクールアイドルに声をかけることになりました。
 アライズは「みんなで一つの歌を歌うこと」を条件として協力することを約束し、東京だけでなく、全国各地から集まってくるスクールアイドルの皆さん。
 全員参加の、みんなで作るライブが形になろうとしてしました。

 前日、集まったスクールアイドルの前で、解散について告げる穂乃果。
 そして当日、道を埋め尽くすほどの人々が集まってきました。

 「伝えよう、スクールアイドルの素晴らしさを!」
 ライブは大盛況のうちに成功し、お父さんも大喜びです。

 そして時代は流れ、雪穂と亜里沙の2人が三年生になり、部員に対してμ'sの最後のライブのことが語られます。
 メンバーの名前が歌詞に織り込まれている、まさに9人のための歌、9人が最も輝けるライブでした。

2 1回目視聴時(2016年8月12日)の考察
 ミュージカルやライブについてはもう言うことはないです。
 前半のライブはその衣装も演出もよかったと思いますし、後半はみんなで集まっての迫力のライブ、最後の9人の名前を歌詞にこめたライブもよかったと思います。
 ただ、少し気になることもあるので、そのあたりを書いていこうかと思います。

 一つは、女性シンガーは何者なのかというお話です。
 どうして過去の穂乃果さんのことを知っているのかという問いには、シンガーさんが彼女の未来の姿ではないか考えるとピンと来る様な気がします。
 ただ、その辺りは作中で確定しているわけではないようですので謎のままですが。

 もう一つは、劇場版のお話自体が2期11話(ラブライブ終了後解散)の否定ではないかということです。
 映画自体が後付だったのではないかと推測することも可能ですが、それよりも、純粋に映画を楽しむことができたのはよかったと考えます。

3 無印とサンシャインの関係について(2017年1月3日追記)
 8月時点ではラブライブサンシャインは正式な続編ではないのではないかと書いたような気がしますが、それは大きな間違いでした。
 スクールアイドルのレベルが上がったこと、単純に数が増えたことは今回の映画の内容の反映であり、サンシャイン作中の3年生の挫折やアクアの評価が芳しくなかったことも大いに関係していると思われます。
 また、μ'sが伝説を作ったこと、一方で何も残さずに去っていったことも映画があってこそだと今ならはっきりといえます。

 映画で穂乃果さんが行った「全員参加」のライブと、千花さんが1期ラストのライブを生徒と一緒に作り上げたことが、どこか通じるところがあるのかもしれません。
 どちらも周りを巻き込んでいく、そんな影響の大きさこそが、リーダーの資質のひとつではないかと思います。

 サンシャインの1期は2016年8月に終了し、2期についてはいまだに音沙汰がない状況です。
 2期製作のお知らせを期待するとともに、映画からサンシャインへの空白期間についても何らかの言及がなされることを期待したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム