【アニメ感想】アルテ 第9話「悪童」

 アルテさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 ヴェネツィアに舞台を移し、ある少女の家庭教師をすることになりましたが……
 サブタイトルが示すとおり「彼女」は相当の強敵のようです。

【内容】
 カタリーナの父は「これでもう15人目」と言い、アルテが礼儀作法をしっかりしていることに喜びます。
 その影には出立前にユーリに礼儀作法をたたき込まれたという過去がありましたが……
 外に出しても恥ずかしくないようにしっかりしつけてくれと念を押されるアルテなのでした。

 食事マナー、礼儀作法、社交術にちても完璧で「あなたから学ぶことは何もない」とカタリーナさん。
 父母の前では出来ないふりをしているそうで、教えるふりをしていればいいとのこと。
 ダフネはカタリーナの性格は今に始まったことではなく、歴代の家庭教師はそれで辞めてしまったそうです。

 アルテはソフィアの肖像画の話をしていて、ソフィアは娘について「ユーリが連れてきたあなたなら」と期待を示します。
 ユーリの自分への期待を思い出すとお腹が痛くなりますが、カタリーナの部屋から灯りが漏れているように思えます。
 次の日、アルテは気分転換に教会に絵を見に行くと言ったらダフネが「直接ご案内します」と言ってきました。

 絵の模写をしていたらいつもどおり「女が画家なんて」と言われ、アルテは怒るどころか笑い出してしまいます。
 アルテは「今までどおりがんばるしかないんだわ」と言い、カタリーナに礼儀作法がなってないふりをする理由を聞きます。
 「昼寝はさせなかったわよ」「工房仕事なめるな」と言い、家庭教師としてできるだけのことはするべきと考えます。

 ダフネは捨てる予定だった布を持ってきて、アルテは「夜なべするわよ」とカタリーナの衣装を作って野外授業をします。
 アルテはタルを解体して輪っか転がしに悪戦苦闘しますが、カタリーナはそつなくこなしてしまいます。
 カタリーナは料理についてやたらとくわしいですが、興ざめだわと言いつつも「先生」と言ってちょっとデレたようです。

 ソフィアはカタリーナのことはどうなっているかと聞いてきて、自分も彼女と打ち解け合っていないとつぶやきます。
 カタリーナのほか2人の男の子は別荘地に送られ、夫は男子以外の子供には興味がなかったそうです。
 しばらく前までずっと別荘地に送られていたこと、そして夜中眠くなると困ると言っていた発言のことが気になります。

 アルテはカタリーナの部屋から灯りが漏れていたことを思い出し、ドアを叩いたらカタリーナの悲鳴が聞こえます。
 カタリーナは料理を密かに勉強していて、激おこして「人前でちゃんとした振る舞いをする理由はないわ」と言い切ります。
 次の日、カタリーナはここで料理できるのも最後かもしれないわと言って料理を作っていましたが……

 気がつけば父も母も何も言わず、アルテはかつて母親に絵を燃やされたこともあって親に告げ口はしませんでした。
 アルテは「夜がつらいわね」と苦労話をすると、カタリーナは「変わってるって言われない?」と急にデレてきます。
 カタリーナはアルテに今度の晩餐会で知りたいこと(礼儀作法をやらない理由?)を話してもいいわよと言ってくるのでした。

【感想等】
 カタリーナさんとあのペコリーヌさんの中の人が同じという事実がヤバイですね。
 名前の似たどこかの悪役令嬢みたいに頭を打ったら更生するかも……というのは冗談です。
 出来ないふりをして眠っていればいいのならうらやましいと思ったのは私だけではないかも。

 教会の肖像画を見ていたら気分的にも「疲れたよパトラッシュ」と言ってしまいそうです。
 「女のくせに」といういつもの罵声(?)ですっかり元気を取り戻すアルテさんが頼もしいかと。
 料理という要素にペコリーヌさんの面影を感じつつ、残りのお話も見ていこうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム