【アニメ感想】CLANNAD 第22話(終)「影二つ」

 クラナドの最終回(22話)を見て感想を書かせていただきます。
 最悪のタイミングで全てを知った渚さんを朋也さんがどう支えるのでしょうか。
 舞台も告白も成功して一区切りつけることが出来るのか気になります。

【内容】
 渚は父が演劇をやっていたことを知り、自分が両親の夢を犠牲にしたのではと言い出します。
 文化祭当日、春原の妹も来ているようですが、渚の様子がおかしいことは明らかでした。
 春原は「人」を3度書いて飲み込めと言いつつも妹のこともあるので時間まで自由行動することになりました。

 朋也は渚につきっきりになっていたはずが離れてしまいました。
 早苗(渚の母)は秋生(夫)が娘の晴れ舞台を見逃すわけがないと言いますが……
 一人で資料室にやってきた渚は有紀寧に言って資料を見せてもらいます。

 有紀寧は渚が資料室にいると言い、渚は父親の学生時代の演劇を見てぼーっとしていました。
 朋也はビデオを消して「お前はお前だ。お前に出来ることをやるしかない」と言ってきます。
 劇の本番になり、舞台に立った渚は全くしゃべらず、彼女の様子がおかしいのは明らかでした。

 父の「演劇最高!」という絶叫が何度も聞こえ、渚は涙を流し、朋也は一度幕を下ろそうとしますが……
 秋生が「子供の夢は親の夢なんだ」と訴え、早苗も、朋也も叫んできて、渚は完全に調子を取り戻します。
 女の子と人形の「僕」の話が繰り広げられ、「僕」は彼女の側にいようと言ってきました。

 舞台が終わった後、渚は女の子と人形は世界を出て行き、長い旅をして歌を歌うのだとか。
 だんご大家族は渚の趣味であり、父親が出てきたので朋也は「あまり飲み過ぎるなよ」とつぶやきます。
 演劇部で打ち上げをやって時間が流れ、渚が日直のところに朋也の名前を書いてきます。

 「明日起きたら恋人同士になったら面白いと思わないか」と言いつつも朋也は渚を好きだと告白してきます。
 渚は涙を流して無言で頷き、2人が恋人になって1期のお話は終了するのでした。

【感想等】
 特別編2話をのぞけば今日で最終回ですが、2期があるのでまだまだお付き合いは続きそうです。
 渚さんの気持ちがわかるだけに、彼女が落ち込むシーンを見るとなかなかにきついです。
 秋生さんの高校時代の演劇が上手すぎて、彼が一時的にプロとしてやっていたというのは頷けます。

 きんモザ(1期)、ニセコイ(1期)、わたてんの例に漏れず、最終回が劇のアニメは名作でした。
 秋生さんが叫んでくるところでぐっときて、朋也さんの親子関係も改善されたならよかったかと。
 親子関係も、夢も、恋愛もうまくまとめてきましたが、2期は高校を出て結婚して終わるのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム