【アニメ感想】本好きの下剋上 第22話「ヴィルマと子供用聖典」

 本好きの22話を見て感想を書かせていただきます。
 孤児院の環境改善の後は絵本作りと精力的に活動するマインさんです。
 マインさんの一生懸命を見たヴィルマさんはどう動くのでしょうか。

【内容】
 ヴィルマ、ロジーナを新しく側仕えにしたマインは本格的に絵本作りに取りかかります。
 オープニングの後、マインは3匹の子豚のお話を読み聞かせますが「よくわかりませんでした」と言われます。
 子豚や狼といったものは彼らにとっては見たことがない生き物であり、別のお話を準備することに。

 マインはヴィルマが孤児院を出たくないのは殿方と接触したくないのではないかと言ってきます。
 次の日、マインは紙の材料を集めつつもどんな話ならヴィルマが絵を書けるのかと考え込んでしまいます。
 マインは突然「神殿!」と叫び、子供用の聖典を作ることで読み書きが出来るようになると考えます。

 図工でやった活版印刷で絵本を作ろうとしたものの、ベンノには原価計算が出来ていないと怒られてしまいます。
 マインはインクを自分で作ろうと考え、すすを集めてインクの代わりにすることに。
 神官長(フェルディナンド)はマインが何を企んでいるのかと聞き、あまり派手なことをするなと念を押します。

 フェルディナンドはマインの行動は心臓に悪いと言い、マインは聖典を作ると言ってそれを認めさせます。
 ヴィルマは手を触られると昔のトラウマを思い出し、つい手を振りほどいてしまいました。
 聖典はうまくいかなかったので赤ちゃん絵本を作ることになり、板を彫るのではなくて切り貼りすることに。

 子供達がヴィルマの様子がおかしいと言ってきて、フェルディナンドはマインがどこで教育を受けたのか疑問を抱きます。
 「解せぬ」と言われて、かつて同じように怪しまれて「夢の中」と答えたと言いますが……
 ヴィルマは新しい手法に挑戦したことで自信がつき、今なら外に出られそうな気がすると言い、版画を見て涙を流します。

 印刷が終わって姉が糸でつないでくれて、ついに念願の本作りが完成を迎えます。
 マインはルッツとトゥーリのおかげだと涙を流し、図書館が必要になるくらい本を作ることを目指します。
 最後はマインがグーテンベルクさんの活版印刷機を作りたいと言って原価云々と突っ込まれます。

【感想等】
 自分が本を読むはずが自分以外のための本を作るようになるのはなかなか興味深いです。
 神殿長さんがそろそろどこかで仕掛けてくるかなと思っていたのですが……
 マインさんの読み聞かせに聴き入ってしまい、こういった朗読劇というのもいいなと思います。

 今回は図工の授業っぽくて懐かしく、見ていると何かを作りたくなってくるかも。
 ヴィルマさんの過去は重い一方で、フェルディナンドさんの好感度が少し上がったように思えます。
 22話で本の完成までこぎ着けたマインさんですが、グーテンベルクさんはまだまだ遠そうです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム