【アニメ感想】A3! SEASON SREING & SUMMER 第8話「千夜一夜物語」

 A3の8話を見て感想を書かせていただきます。
 春はロミジュリで、夏はアラビアンナイトと古典をモチーフにした劇が続きます。
 こうなったいずれは秋、冬を見てみたくなるのは人情でしょうか。

【内容】
 椋は幸に声をかけますが、幸はなるべく目立たないようにと言ってきます。
 天馬と一成はぶつかってしまいながらもお話は先へと進みますが……
 全員が集まったところでエチュード(「即興劇」)をすることになりました。

 幸は女子高生に扮して話をしてきて、一成は役者に扮しているらしいです。
 天馬は「親父の病気」うんぬんと演じてきて、いづみはしっかり出来ていると称賛します。
 夕食を取ってから綴が出てきて夏組のリーダーを決めることになりました。

 椋は天馬が適任だというのでリーダーが天馬になりますが、天馬はリーダーにふさわしい行動をと言われます。
 一成と三角は意気投合しますが、初代夏組は「コメディ」が得意だったらしく、天馬はまんまと乗せられてしまいます。
 全員が前に出るタイプだったこともあり、全員が主役になるような劇が出来たらと考えますが……

 綴はボロボロになりながらも台本を書き上げ、そのまま疲れがたまったのか眠ってしまいました。
 「アラビアンナイト」で配役をあてていきますが、椋は元陸上部で怪我をして引退したそうです。
 幸はあいつらを舞台に招待しようと言い、天馬はすぐに役を掴んでしまいますが、椋は棒読みだと突っ込まれます。

 天馬は「話にならない」と暴言を吐き、どうにかしろと言われて反発して後は勝手に練習してろと言い放ちます。
 三角は三角を渡して椋をフォローする一方、天馬の前に咲太がでてきて話をしてきます。
 天馬は仲良くなったら意思疎通が出来たと言われ、リーダーとしての考えとして「全員で一緒に寝てみる」と言い放ちます。

【感想等】
 前回は1話で役者が出そろったものの、誰が誰やら時々わからなくなります。
 はじめての割にちゃんと役者出来ているのを見ると頼もしいですが……
 実力以前に性格的なところで危ういものを感じ、綴さんが眠るところで私も眠たくなります。

 椋さんが元陸上部というのは初耳でしたし、幸さんは以外と面倒見がよさそうか感じかと。
 一人だけずば抜けた天馬さんが徐々に周りに併せるようになったのは評価出来ます。
 残り4話で劇を完成させ、うまく秋、冬へとつないで行けたらいいなと切実に思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

扱い方がうまいな… 出たなカレー星人。

Re: No title

 カレーと聞くと条件反射でお腹がすいてきます。
 流石にこの時間は食べませんが……
 
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム