【アニメ感想】CLANNAD 第19話「新しい生活」

 クラナドの19話を見て感想を書かせていただきます。
 智代さんを生徒会長にすることで演劇部復活の障害はもうなくなったようです。
 朋也さんとお父さんには一体どんな関係が秘められているのでしょうか。

【内容】
 智代が生徒会長になることでようやく演劇部(と合唱部)の復活が認められます。
 夏休み前には学園祭があり、朋也は「ためらってるときかよ」と後ろ向きな渚を説得します。
 オープニングの後、担任は「進路指導」という名目で朋也の家庭を訪問するとのこと。

 渚は幸村先生の指導を受けるはずが、朋也が協力してくれないので追いかけることに。
 朋也は渚から逃げ回ったものの追いつかれ、職員室から呼び出しを受けたので連行されます。
 担任は渚を同行させて朋也の家にやってきて、父親不在と聞いたら明日まで待つそうです。

 朋也は渚に連れられて自宅に戻りますが、父親はあくまで息子の自主性を尊重する意見のようです。
 「あの人の中では俺はもう息子じゃない」という朋也に、渚は「私の家に来ますか?」と言ってきます。
 一度離れて見つめ直すことを提案された朋也は部屋を整理し、父は「寂しくなるね」とつぶやきます。

 朋也は渚の家にやってきたものの父親に絡まれ、渚の父はハーレムじゃなくなるのは切ないと言い出します。
 客間に案内された朋也は渚が世話焼きだと突っ込みつつも、人様の家だとどうしても落ち着きません。
 渚は学園祭まで全力でがんばりますと言い、照明、衣装、音響の役割を決める時には智代も出てきました。

 春原は音響を鳴らして即興劇をやったら殴られ、渚はやりたい話が決まっているもののタイトルがわからないそうです。
 渚の家には塾の生徒が集まっていて、母親は実は塾の先生をやっていて、中学の教師をしていたこともあるのだとか。
 朋也は自分には母親がいないとつぶやき、渚は両親に悪いことをしたのを謝れていないと言ってきます。

 春原の部屋にやってきた朋也は大いにくつろぎ、春原は渚の家に同居しているのがうらやましいとひと言。
 「やってらんねえ!」とふてくされる春原に「親公認じゃん」と言いながら猫をつついていました。
 最後に場面が変わって、「僕」は「少女」とともにガラクタを集めてもう一体の人形を作ろうとしていました。

【感想等】
 本作の最終目標は学園祭だと思われますが、演劇部の復活までここまで時間がかかるとは……
 朋也さんが渚さんを励ますシーンや、渚さんに連行されるシーンなどなど、もう付き合っているようにしか思えません。
 忙しそうなのにしっかり家庭訪問する先生や息子の自主性を尊重する父親も立派な方だと思います。

 一度離れた方がとアドバイスし、自分の家に来るかと言ってくる渚さんが本当に高校生なのかと思えてきます。
 ヒロインが泊まってくるのは前々作でよくありましたが、主人公が自宅を出るのはなかなか珍しいかもしれません。
 おっとりしたお母さんの多才ぶりに驚きつつも、渚さんがどんな劇でどんな役をやるのかすごく気になります。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム