【アニメ感想】Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」

 カノンさんの7話を見て感想を書かせていただきます。
 相変らずいたずら大好きな真琴さんですがお仕事は大丈夫なのでしょうか。
 そしてまたもあの怪しいジャムが出てくるようですが……

【内容】
 真琴は今日も祐一の部屋に忍び込みますが、祐一に捕まってしまいました。
 はさみを持っているのは紙飛行機を作るためだととっさにごまかそうとしますが……
 明日提出する宿題を紙飛行機にされて頭を抱える祐一なのでした。

 次の日、名雪は苺ジャムを食べながらごはん3杯は食べられると行って来ます。
 真琴は今日から仕事だからと早起きを強いられ、秋子はお祝いにと特製ジャムを出してきました。
 食べた途端にすがるような目をしたかと思えば涙を流してくる真琴なのでした。

 「真琴大丈夫なのかな……」と心配しつつ登校していると、名雪はネコアレルギーなのにネコを「かわいい」と触ろうとします。
 潤は意地悪でもされたのかと言ってきて、香里は祐一を「保護者失格」だと言い放ちます。
 祐一は栞とまたも会いますが、彼女はお医者さんからはまだ学校には行けないと言われているそうです。

 栞は雪だるまを作ろうと言ってきて、お昼には舞に「出ないのか」と魔物のことを「お通じ」と言い訳します。
 佐祐理は毎日早起きして弁当を作っているらしく、その分早起きしているそうですが……
 祐一は夜中にいたずらを仕掛けてくるやつがいるせいで夜更かしを強いられると愚痴をこぼします。

 名雪と別れた後はあゆがぶつかってきますが、今日は早く帰りたいからとすぐに別れます。
 真琴は女生徒のプリクラに興味がありそうで、女生徒は美汐を見つけたものの声をかけませんでした。
 祐一についてきた真琴はどうみてもバレバレで、困った時には「あーうー」ということが気になります。

 今朝、名雪が見つけたネコが真琴にじゃれついてきて、祐一は「触ってみろよ」と言ってきました。
 ネコは真琴の頭の上に乗っかり、祐一は肉まんを自分の分だけでなくて真琴やネコの分も買ってくれましたが……
 肉まんをとったネコを追いかける真琴に「ネコと同じレベルでケンカしてどうする」と突っ込みを入れました。

 真琴は「動物なんて要らなくなったらポイでしょ」「野に返すべき」と歩道橋からトラックに投げ落とします。
 祐一は野垂れ死んだらどうするんだと憤り、真琴も怒ってそのまま帰ってこなくなりました。
 名雪は「今頃お腹をすかせている」と心配し、祐一は「動物を粗末にするやつ……」と憎まれ口を叩きつつも真琴を探します。

 学校にやって来た祐一は舞に真琴がここにきていないかと聞き、舞は「町を見下ろす丘」とつぶやきます。
 祐一は言われたとおりに移動すると、真琴はネコに肉まんを食べさせて「私達一緒だね」と言っていました。
 真琴を背負った祐一は帰り道に狐と出会い、真琴には「ここがお前の家なんだ」と言って食事を食べさせるのでした。

【感想等】
 真琴さんがいつも部屋に忍び込んで返り討ち(?)に遭うのは様式美なのでしょうか。
 苺ジャムは普通の味のようですが、またも出てきた特製のジャムとは一体何なのでしょうか。
 ネコさんも名雪さんもかわいいですし、ギル様……ではなく潤さんも元気そうで何よりです。

 真琴さんがちょっかいをかけ、学校ではお弁当を食べ、帰りにはあゆさんと会うのはいつもどおりでした。
 彼女がネコさんに対してあそこまでの態度を取れるのは何かあったとしか思えません。
 栞さんの不登校(?)のこともありますし、まだまだ謎が多い世界を見守っていきたいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム