【アニメ感想】プリンセスコネクト!Re:Dive 第1話「冒険の始まり ~夕焼け空にきのこのソテー~」

 プリコネの1話を見て感想を書かせていただきます。
 冒険がはじまるのはいいとしてきのこのソテーはどう関わるのでしょうか。
 いつかはダイヤモンドなプリンセスに……いえ、なんでもありません。

【内容】
 目を覚ましたユウキに「アネス」が声をかけてきて、自分が動けないから代理としてガイド役を派遣したとのこと。
 流れ星のように落下するユウキをペコリーヌはおにぎりを食べながら見つめていました。
 コッコロは「どんなお方なのでしょう」と言っていましたが、ユウキが狼のようなものに襲われていたのを追い払います。

 「ゆりかごから棺桶までお世話する」のがコッコロの役目で、ユウキは自分の名前しかわかりませんでした。
 おにぎりを作ってくれたのでそれを食べていて、とりあえずは向かってくる魔物と戦うことになりました。
 しかしユウキは一方的に倒されてしまい、別のところではペコリーヌが2人の男と出会いますが……

 「兄貴」の薬をとってきてくれと言われたペコリーヌですが、戻ってきた頃には剣を奪われていました。
 大きな街にやってきたユウキはコッコロに人間の他にエルフをはじめとした色々な種族が暮らしていると説明を受けます。
 お金を渡されたユウキは口にくわえてしまい「ぺっぺしてください」とたしなめられます。

 ユウキ、コッコロはクレープを食べ、コッコロは宿を取ると言いますがお金が足りていませんでした。
 コッコロは杖を売ろうとしますが、ユウキがそれを止めて、とりあえずは2人で野宿することになりました。
 次の日、コッコロはお小遣いを渡してきますが、ユウキは「お金大切!」と言って自分が働くことに。

 ユウキ、コッコロはギルドに行くと採取の依頼をされ、ペコリーヌは名前どおりお腹がすいてきました。
 2人の男はペコリーヌを見るなり逃げていき、ペコリーヌは「お薬はここにありますよ」と追いかけていきますが……
 男は剣を売りさばいて大金持ちだぜと言っていたものの魔物に襲われてしまったようです。

 ユウキ達は森でキノコを採取していて、空腹で倒れていたペコリーヌに食事を与えます。
 ペコリーヌは「おいしそうですね!」と目を輝かせ、キノコを食べながら「あなたは神様ですね!」と感激します。
 巨大なキノコが襲いかかってきましたが、ペコリーヌは素手でそれらを一方的に攻撃していきます。

 ユウキが「プリンセスナイト」の光を放ってペコリーヌやコッコロに力がみなぎります。
 小さなキノコが寄生しようと飛んできたもののペコリーヌは「ちょうどいいサイズですね」と食べて倒れてしまいました。
 ユウキはペコリーヌを背負って移動することになり、これから色々なヒロインと出会うことになるそうです。

【感想等】
 原作はよくわかりませんが神撃、ウマ娘をはじめとするサイゲームスさんの作品ならば間違いはないはず。
 全体的にキャラクターはかわいいですし、お話の雰囲気はとてもいいです。
 ファンタジーアニメであると同時に飯テロアニメ……という位置づけで間違いはないように思えます。

 異世界転生ものによくあるようなチートはないものの、これからヒロインがどんどん増えてくる感じでしょうか。
 主人公の正体は今後の展開を待つとして、お金をもらえるのにその立場に甘えずに仕事をするのは立派です。
 プリンセスナイトはプリンセスを守るナイトなのかなと思いますが、ヒロインが全てプリンセスになるのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

コッコロさんが可愛すぎる

こんばんはです。

Cygamesさんが再びアニメ化を実現
しましたね。
この会社はゲームでも凄いと感じますが、
アニメでも手を抜かず凄い作品を作ってます。
グリー、ブシロード、フリュー、レベルファイブ
とゲーム業界がアニメ世界にも進出してくるのも
凄いです。
グリーはゲームで最近聞かなくなった印象で、
Cygamesさんが現在業界を賑わしている
イメージがします。
シャドーバースに至っては携帯ゲームにも
関わらず賞金が出る大会とかもあり、
凄いですよね。
シャドーバースアニメは私的にはイマイチ
でしたがプリコネは思った以上に良かったです。
コッコロさんがゲームでは見せない表情が
見れて良く、彼女の可愛いさが良く出てました。
彼女と言われ顔を赤くするコッコロさんが
可愛すぎてヤバイですねw
当然でしょうがアニメ本編でかかるBGMは
ゲームでかかるもので馴染みもありいいです。
この辺りはグラブルも同様ですね。
ゲームではカリンさんに貸家を紹介され、
そこが主人公達のギルド拠点となりますが、
野宿があるというのもアニメならではの
ストーリー展開が新鮮です。
主人公が記憶を失い幼児化したというのを、
どう表現するのか気になりましたが
アニメ化の表現に違和感を感じつつも
面白かったですね。
ペコリーヌさんが本タイトルの鍵なのかと
思いつつ、彼女は王女様でもあります。
大食漢であり魔物も美味しそうと面白いキャラです。
おいっすやヤバイですねと彼女のお気に入りの口癖も
いいです。
ゲームでは水浴びする時は裸だった記憶が
ありますが、アニメでは流石に変えてきましたw
クレープ屋さんをやってた人物は私の記憶では
博士だった気がしますが、後々出るかもですねw
自分もゲームは前半なので良く分かってはいませんが、
ペコリーヌさんは武者修業で旅をして本国に帰ると、
立場を奪われ偽王女として指名手配扱いとなり、
今回の様に命を狙われる身となりました。
その立場を奪った人物(皇帝)こそが後々に
倒すべき人物であります。
今回狙ってきた人物もペコリーヌさん達の
仲間となり、共に戦う事となります。
今後出でくる女の子達が楽しみですね。
コッコロさんも好きですが私が好きなキャラは
ミミさんです。
ヒヨリさん、レイさん、ユイさん、主人公がメンバー
となり、ボス(皇帝)との戦いからゲームがスタート致します。
アニメでは主人公がキノコと戦う前に思い出すボスとの
戦いのシーンで登場するメンバーが上記の方々です。
最初の青い服を着て剣を持っていた人物がレイさんで、
倒れている金髪の子がヒヨリさん、ステッキを持って
いた方がユイさんです。
ボス戦で全滅して主人公が最初に目が覚めた場所こそが、
今回アニメの最初のシーンとなります。
猫さんの様にゲーム未プレイの方には、いきなり
アメスさんのシーンとなり解り難かったと思い
ゲームでの前置きを紹介しておきました。
いずれアニメ本編でも出てくるかと思いますが、
ボス戦で戦っていたメンバーは記憶を失っている
筈なもののギルドで同じメンバー(主人公を除く)で
構成されているのも面白いです。
全員記憶を失い主人公に至っては幼児化しましたが、
色んな方と出会い戦いながらも少しづつ記憶が戻る
ようです。
もう一度、君とつながる物語というフレーズがある
本作品ですので、いずれ記憶を取り戻し
初期のメンバーとペコリーヌさん達が加わった
メンバーでボスとの戦いがあるのかもですね。
コッコロさんが主人公を発見し子守歌?を歌い、
おはようから〜になる言葉はゲーム通りです。
アメスさんはゲームでも時折、登場するが
謎の存在ですね。
アニメで何処までやるかは不明ですが、
ゲームの第1章完了までやるのかも知れませんね。
ゲームは1章が完了し現在2章が開始されてます。
私もゲームをそこまで進めたいですw
次回のタイトルを見ると気まぐれ猫さんが 
登場するという事で楽しみです。
タマキさんかな?w

Re: コッコロさんが可愛すぎる

> こんばんはです。

 おはようございます。
 気づいたら眠って朝になっていました。

> Cygamesさんが再びアニメ化を実現
> しましたね。
> この会社はゲームでも凄いと感じますが、
> アニメでも手を抜かず凄い作品を作ってます。

 ウマ娘とか神撃とかグラブルとか……
 常に一定以上の水準を出してきていますよね。

> グリー、ブシロード、フリュー、レベルファイブ
> とゲーム業界がアニメ世界にも進出してくるのも
> 凄いです。
> グリーはゲームで最近聞かなくなった印象で、
> Cygamesさんが現在業界を賑わしている
> イメージがします。

 レベルファイブさんというとイナイレのイメージが強いです。
 新シリーズを1年くらいやって終わりましたが。
 その中だとサイゲームズさんが一番勢いがありそうです。

> シャドーバースに至っては携帯ゲームにも
> 関わらず賞金が出る大会とかもあり、
> 凄いですよね。

 今やゲームで賞金を稼ぐ時代になったのですね。
 一芸がないのでそのあたりは縁がありませんが……

> シャドーバースアニメは私的にはイマイチ
> でしたがプリコネは思った以上に良かったです。
> コッコロさんがゲームでは見せない表情が
> 見れて良く、彼女の可愛いさが良く出てました。
> 彼女と言われ顔を赤くするコッコロさんが
> 可愛すぎてヤバイですねw
> 当然でしょうがアニメ本編でかかるBGMは
> ゲームでかかるもので馴染みもありいいです。
> この辺りはグラブルも同様ですね。

 シャドバがサイゲームズさんだったのは最近知りました。
 コッコロさん確かに可愛いですよね。
 音楽もすごく綺麗ですし、雰囲気に合っていると思います。

> ゲームではカリンさんに貸家を紹介され、
> そこが主人公達のギルド拠点となりますが、
> 野宿があるというのもアニメならではの
> ストーリー展開が新鮮です。

 アニメとゲームではそんな違いがあったとは……
 そのあたりはプレイしていないのでわかりませんでした。

> 主人公が記憶を失い幼児化したというのを、
> どう表現するのか気になりましたが
> アニメ化の表現に違和感を感じつつも
> 面白かったですね。

 アニメそのものは面白かったですし、
 記憶喪失の主人公がこれからそれを取り戻す
 そんな感じのお話になるのかなと思います。

> ペコリーヌさんが本タイトルの鍵なのかと
> 思いつつ、彼女は王女様でもあります。
> 大食漢であり魔物も美味しそうと面白いキャラです。
> おいっすやヤバイですねと彼女のお気に入りの口癖も
> いいです。

 お姫様キャラで大食らいってすごいですね。
 大食らいだけならカービィさんを思い出しますが……

> ゲームでは水浴びする時は裸だった記憶が
> ありますが、アニメでは流石に変えてきましたw
> クレープ屋さんをやってた人物は私の記憶では
> 博士だった気がしますが、後々出るかもですねw

 ゲームとアニメとでは色々変わってくるのですね。
 登場のタイミングも違ってくるのかも。

> 自分もゲームは前半なので良く分かってはいませんが、
> ペコリーヌさんは武者修業で旅をして本国に帰ると、
> 立場を奪われ偽王女として指名手配扱いとなり、
> 今回の様に命を狙われる身となりました。
> その立場を奪った人物(皇帝)こそが後々に
> 倒すべき人物であります。

 1クールだとしてその皇帝さんがラスボスなのでしょうか。
 もしかしたら途中で終わるのかもしれませんが……

> 今回狙ってきた人物もペコリーヌさん達の
> 仲間となり、共に戦う事となります。
> 今後出でくる女の子達が楽しみですね。
> コッコロさんも好きですが私が好きなキャラは
> ミミさんです。

 「ミミ」で検索したら先にリゼロが出てきましたが、
 こちらのミミさんも可愛いですね。

> ヒヨリさん、レイさん、ユイさん、主人公がメンバー
> となり、ボス(皇帝)との戦いからゲームがスタート致します。
> アニメでは主人公がキノコと戦う前に思い出すボスとの
> 戦いのシーンで登場するメンバーが上記の方々です。
> 最初の青い服を着て剣を持っていた人物がレイさんで、
> 倒れている金髪の子がヒヨリさん、ステッキを持って
> いた方がユイさんです。

 アニメでは2話から皇帝さんが出るのかもしれません。
 この子達に次々と再会する流れなのでしょうか。

> ボス戦で全滅して主人公が最初に目が覚めた場所こそが、
> 今回アニメの最初のシーンとなります。
> 猫さんの様にゲーム未プレイの方には、いきなり
> アメスさんのシーンとなり解り難かったと思い
> ゲームでの前置きを紹介しておきました。

 確かに未見だとわかりにくいかもしれません。
 そこをついていければなんとかなるのかもしれませんが……

> いずれアニメ本編でも出てくるかと思いますが、
> ボス戦で戦っていたメンバーは記憶を失っている
> 筈なもののギルドで同じメンバー(主人公を除く)で
> 構成されているのも面白いです。

 記憶喪失でレベル1に戻った感じなのでしょうか。
 ゲーム的にはその方がバランスが取れていると思いますし、
 ストーリー的にも面白いと思います。

> 全員記憶を失い主人公に至っては幼児化しましたが、
> 色んな方と出会い戦いながらも少しづつ記憶が戻る
> ようです。
> もう一度、君とつながる物語というフレーズがある
> 本作品ですので、いずれ記憶を取り戻し
> 初期のメンバーとペコリーヌさん達が加わった
> メンバーでボスとの戦いがあるのかもですね。

 記憶が戻ってレベルも上がって、
 元のメンバーになってラストバトル……
 そこまでなんとかアニメ化してほしいです。

> コッコロさんが主人公を発見し子守歌?を歌い、
> おはようから〜になる言葉はゲーム通りです。
> アメスさんはゲームでも時折、登場するが
> 謎の存在ですね。
> アニメで何処までやるかは不明ですが、
> ゲームの第1章完了までやるのかも知れませんね。

 区切りのいいところではおそらくそこで止まりそうですね。
 1クールなのか2クールなのかはありますが……

> ゲームは1章が完了し現在2章が開始されてます。
> 私もゲームをそこまで進めたいですw
> 次回のタイトルを見ると気まぐれ猫さんが 
> 登場するという事で楽しみです。
> タマキさんかな?w

 今は自粛ムードで大変な時期ですが逆にゲームはやりやすいかもしれません。
 タマキさんもちょっと調べてみようと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム