【アニメ感想】社長!バトルの時間です! 第1話「社長就任」

 シャチバトの1話を見て感想を書かせていただきます。
 主人公が社長なのはタイトルから容易に推測できますが……
 公式サイトによると今度の「異世界」はひと味違うそうです。

【内容】
 父親は主人公のミナトを放置して行方をくらませたそうです。
 人々は各地に現れた門の中の「キラクリ」を集めはじめていつしか世界は復興を遂げたのだとか。
 幼なじみのユトリアに呼びだされたミナトは告白なのではないかと思えてきますが……

 「社長になって!」と言われたミナトは叫び声を上げ、強引にオフィスに連れていかれます。
 ユトリアはこのままでは会社が潰れてしまうといい、自分が社長秘書をすると言ってきました。
 会社はすでに倒産の危機に瀕していて、焦って就職すればブラック企業に就職するなどと脅されます。

 ミナトは説明用のスライドを見せられ、ダンジョン探索における社長の役割について説明されます。
 キラクリやレアアースを手に入れることで会社の運営資金を調達して社員に給料を払ったりするそうです。
 ちょうどよく外回りの社員が戻ってきて、マコトのリュックから某軍曹の声が聞こえてきました。

 アカリはお姉さんポジションでガイドさんは一番のベテラン社員なのだとか。
 社員からは色々と要求を突きつけられ、役員の選定したダンジョンをクリアしなければならないのだとか。
 ボス魔獣を倒すには受領印を押す必要があるらしく、下から2つ目のランクでは不安がられます。

 社長が指示するまでもなく魔物はあっさり倒され、進んでいたら迷子っぽい子(トーマス)を発見します。
 トーマスはわずかな金銭を出して「依頼」すると言ってきて、利益度外視で仕事をするのは父親ゆずりみたいです。
 親代わりの姉の誕生日に「シルメの花」がほしいと言ってきて、アカリは何を思ったのか急にやる気になりました。

 シルメの花言葉は「日頃の感謝」であり、アカリは昔、マコトに同様のプレゼントをもらったのだとか。
 トーマスに花を渡せたもののボス魔獣が襲ってきますが、はっきり「社長はバトル要員じゃないんですから」と言われます。
 もふもふがセンサーだと気づいたミナトスライムをぶつけ、ボスはかわいい鳴き声をあげてやっつけられました。

 受領印を押すと翌月に報酬が振り込まれるそうで、あくまで仕事の一環と割り切るようです。
 アカリは「いざとなったら労災も降りる」と言い、トーマスについていくと就任合格のキラクリがありました。
 断ることが出来ないまま飲み会になり、最後はユトリアと2人で星を見て1話をしめるのでした。

【感想等】
 キャラデザインが全体的にかわいく、ポニーテールのミナトさんが女子だと思ったのは私だけではないはず。
 主人公が「魔王」なのはたまにありますが「社長」なのはもしかしたら前代未聞かも。
 ゆとり教育を思わせるヒロインの名前や異世界でブラック企業という単語が出てくるところは突っ込むべきでしょうか。

 ダンジョン探索は割とよくあるものの、経営の要素が混ざっているのはなかなか奥が深そうです。
 説明を聞いただけでは別に社長にならなくても個人でやっていけばいいようにも思えますが……
 異世界ものに「受領印」という単語が出てきたことに驚きつつ、2話、3話と見ていけたらいいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム