【アニメ感想】メジャーセカンド 第2シリーズ 第1話「噂の新入部員」

 メジャーセカンドの2期1話を見て感想を書かせていただきます。
 1期終了から1年が経過し、大吾さんもどうにかして中学受験を突破したもようです。
 彼らがどんな感じで女の子だらけの部員を集めるのか、わたし、気になります!

【内容】
 大吾は姉と同じ中学に進学し、そこには仁科という特待生が入ってきました。
 睦子は1年生がたくさん入ってきて部員不足が解消できると喜んでいましたが……
 現在の野球部は大半が女子という状況で、仁科は舎弟をつれてグラウンドで野球していました。

 仁科達は名門野球部から集められてきたらしく、睦子は仁科に絡んでいきました。
 特待生達は女はマネージャーでもしておけと言い、さらに「アニメみたいな弱小チーム」とメタ発言をします。
 大吾は仁科達の練習に付き合うと言って絡んできますが、仁科はいきなり殴ってきました。

 実力主義を訴える仁科に大吾は「はっきりさせよう」と言ってきて睦子達もユニフォームに着替えてきました。
 この前まで小学生だったやつに負けないと言っていましたが、仁科は大口を叩くだけの速球を見せてきました。
 先輩の丹波が遅れてやってきて「今年の一年はすごいじゃないか!」と喜んでいましたが……

 ツーアウトながらも1番2番とバットに当てられ、3番もピッチャー正面に打球が飛んできました。
 今度は睦子が投げる番になり、ランナーを出されながらも「おかえりなさいご主人様」と牽制球でアウトにします。
 仁科は俺達の代で最強チームを作ると主張したものの変化球を打ち損じてしまいました。

 大吾は仁科達は中学野球の変化球に対処出来ていないといい、仁科のボールをランニングホームランします。
 女子部員は4人とも男子と同じメニューをしてきて、そのうち2人はあの横浜リトルでレギュラーをしていたそうです。
 敗北を認めた仁科は大吾と握手し、パステルカラーのエンディングテーマが流れるのでした。

【感想等】
 事前情報で女子ばかりが集まると聞いていましたし、公式サイトにもはっきりそう書かれていました。
 1年前の「ハチナイ」、今季の「球詠」と女子だけで野球するアニメは少なくないのかも。
 これらよりずっと前に女子だけで野球をやった「大正野球娘」は偉大だったのかもしれません。

 わざわざ受験までして部員が少ない「逆境」に行き着くのは父親の遺伝子がなせる技なのかも。
 睦子さんとのバッテリーは父親世代の薫さんとの関係より進んでいるようで微笑ましいです。
 ヒロアカの直後に見ると出久さん(かアニポケのゴウさん)がぐれたように見えて複雑な気持ちになりました。

 態度が悪いながらも真面目に練習するだけ、過去の田代さんや牟田さんに比べるとましに思えます。
 相手の中に飛び込んでいくところは父親譲りの一方、大吾さんの成果を伴う煽り方は主人公らしくてよいです。
 次回はさらに女子部員を集めるようですが、どんなすごいのが入ってくるのか目が離せません。
 

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム