【アニメ感想】インフィニット・デンドログラム 第12話「破壊王」

 デンドロさんの12話を見て感想を書かせていただきます。
 苦戦の末になんとか敵を打ち破ったレイさん達ですが……
 ワンさんやペテルギウスさんに続いてフランクリンさんもここで退場でしょうか。

【内容】
 RSK(レイスターリングキラー)を撃退したレイは片腕を炭化しながら倒れてしまいます。
 フランクリンは予備のリモコンを出して連打して煽ってきますが……
 彼は2戦2敗したと言いながらも引き下がるわけにはいかないと言ってきました。

 隠蔽感知を極めていたマリーが前もって動いて、フランクリンのプランBは潰されていました。
 ルークはフランクリンは虐殺までやる人間だと言い、今からろくでもないことを言いますと断言します。
 フランクリンは「プランC」もとい改造モンスターによるギデオン殲滅作戦を開始すると言い出します。

 オープニングが流れた後、フランクリンは光学偽装を解除すると「魔獣工場」なるものが出てきました。
 工場から次々と魔物が出ていき、これらはフランクリンですら止められないそうです。
 レイは不完全な状況ながらも「まだ早い!」と馬に乗り、一人で魔物に突撃していきました。

 マリーが姿と声を変えてレイを助けにやってきますが、付き合いのあるレイにはすぐにバレてしまいました。
 ルーク達だけでなくて上級のマスターまでやってきて、フランクリンはユーゴーが裏切ったことに気づきます。
 かぶりものをしたシュウは結界を破壊し、怒ったフランクリンは龍の魔物を出してレイを殺しにきました。

 レイは「ただで死んでやるつもりはない」とカウンターをたたき込む算段でしたが……
 シュウは龍の魔物を一蹴し、自分がまとめて魔物を破壊すると言ってきました。
 フィガロによるとシュウは相手の動きを読んであらかじめ攻撃を置くことが出来るらしいです。

 いきなり戦艦が出てきて魔物をやっつけていきました。
 フランクリンは「ここまでか……」とつぶやいてボタンを押しますが……

【感想等】
 ペテルギウスさんのインパクトに比べるとフランクリンさんはどこか小者臭さを感じます。
 主人公から変人、小者まで幅広く演じられる松岡さんには尊敬しかありません。
 大量の魔物が攻めてくる……というシチュエーションはSAOの最終負荷実験を思い出します。

 弟のピンチに兄が助けに来るのはかの一輝兄さんから続く伝統でした。
 ケモナーマスクのような外見ながらも中の人がアインズ様という時点で最強なのかもしれません。
 何でもありの様相を示してきた本作ですが、最後はどんな風に締めくくるのか気になります。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム