【アニメ感想】プランダラ 第12話「入校式」

 プランダラの12話を見て感想を書かせていただきます。
 年度も変わって地域によっては学校もはじまる時期なのかもしれません。
 作品の性質からして普通の学校ではないと思いますが……

【内容】
 過去の世界に飛ばされた陽菜達は現在のアルシアより技術が進んでいることに気づきます。
 陽菜は「離人」がリヒトーだと確信し、ジェイルはナナが自分達に何をさせようとしているのかとつぶやきます。
 全員が体育館のようなところに集まっていますが、年齢も容姿も現在のリヒトーとは違いました。

 不良っぽいの(武虎)が絡んできたもののジェイルはバロットが使えずに殴られます。
 時風はジェイルに「軍人ごっこ」と言ってケンカを売り、離人はセクハラで後のリヒトーだと判明します。
 「アラン」は今日からお前らが軍人だと言い、死ねと言ったら死ねと言ってきました。

 フィレンダは「我が国」は極めて危険な状況であると説明しますがすぐにアランに阻まれます。
 学長の「シュメルマン」が現れて「ウサギとカメ」の話を読みはじめますが……
 一部生徒(?)がしゃべっていたと思ったら「命令違反は死罪だ」とアランに銃撃されます。

 アランは泣いている陽菜を射殺しようとしますが、ジェイルが介入する前に時風がその銃を弾き飛ばします。
 離人はシュメルマンを狙っていると見せかけて手品をし、シュメルマンは司令官である自分を殺せば勝ちだとひと言。
 「嫌だ」「そんなに殺したければ僕を殺せ」という発言でジェイル達は離人がリヒトーだと確信します。

 シュメルマンは「私が君を殺すとしよう」と殺気を放ち、殺したと思っていた3人は普通に生きていました。
 開校式が終わって食事シーンになり、ジェイルと時風が絡む一方で、離人は「女の子だったら何度でも助ける」と言ってきます。
 シュメルマンは離人に興味を抱きつつも、殺さないという愚かしさがどこか微笑ましいと言ってきましたが……

 離人のセクハラ体質は今(リヒトー)と変わりませんが、髪の毛の色も身長も何もかもが違いました。
 パソコンを調べたもののアルシングは機密情報らしく、アランはアルシングは究極の意志決定能力を持つ「神」だと言ってきます。
 「議決」により核を放棄して全ての武器を放棄したことで平和になったそうで、ここが全てのはじまりらしいです。

【感想等】
 少し前にある人にプランダラのことを話したらセクハラアニメと言われたのはここだけの話です。
 離人さんが後のリヒトーさんらしいですが、セクハラはそのままながらもあれだけ変わってしまった理由が気になるところ。
 全体的にギスギスとした話題が続きますが、水花さんの初々しいところが可愛らしいなと思います。

 300年前のはずなのにシュメルマンさんの姿が変わっていない時点で只者ではないことは明らかかと。
 いきなり3人ほど撃たれた時は驚きましたが、これもアランさんなりの優しさ……なのでしょうか。
 過去のお話はしばらく続くと思いますし、ここからどんな展開になるのか最後までついていこうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>開校式が終わって食事シーンになり

あのシーンがあの世界の現実を示していたりします…
軍人になれば「食べられる」という。

>いきなり3人ほど撃たれた時は驚きましたが、これもアランさんなりの優しさ……なのでしょうか。

このシーンはすべて人に見てもらいたいです。
死体を見て、判断力を失うような奴はいらないんです。
コロナの死者数にビビって思考停止に陥っている連中も。
知ってますか?第二次世界大戦の死者は数千万人なんです。
そこから考えればコロナの死者数は「まだ」微々たるものです。
かつて戦争の責任を取らされた連中は今の状況を見てどう思うんでしょう?
きっとこういうんじゃないでしょうか?
「私はもっと死なせた…その程度の数、背負って見せろ」と。

誰もがリヒトーになれればコロナに過剰な恐れを抱くことはないと思うのですが…
死体に影響されず正しい判断ができれば。

この国は戦争から遠のきすぎたんだなぁと思う今日この頃です。

Re: No title

> >開校式が終わって食事シーンになり
>
> あのシーンがあの世界の現実を示していたりします…
> 軍人になれば「食べられる」という。

 食べるために軍に行く……というのは、
 食べるために働くことと同義なのかもしれません。


> >いきなり3人ほど撃たれた時は驚きましたが、これもアランさんなりの優しさ……なのでしょうか。
>
> このシーンはすべて人に見てもらいたいです。
> 死体を見て、判断力を失うような奴はいらないんです。
> コロナの死者数にビビって思考停止に陥っている連中も。
> 知ってますか?第二次世界大戦の死者は数千万人なんです。
> そこから考えればコロナの死者数は「まだ」微々たるものです。
> かつて戦争の責任を取らされた連中は今の状況を見てどう思うんでしょう?
> きっとこういうんじゃないでしょうか?
> 「私はもっと死なせた…その程度の数、背負って見せろ」と。

 戦争体験者のほとんどがこの世を去った状態ですし、
 戦後の平和の中でぼけぼけになったところはあると思います。
 何はともあれ自分で考えることが大切なのではないでしょうか。

> 誰もがリヒトーになれればコロナに過剰な恐れを抱くことはないと思うのですが…
> 死体に影響されず正しい判断ができれば。
>
> この国は戦争から遠のきすぎたんだなぁと思う今日この頃です。

 上にも書きましたが戦後70年以上が経過していますし……
 できるだけ冷静な判断が出来るよう努力したいです。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム