【アニメ感想】ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第12話(終)「In the future」

 ぼくはかの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 兜さんが芹さんのお誕生日をお祝いするらしいですが……
 暗黒破壊神のお誕生日祝いは人間のそれとはどのくらい違うのでしょうか。

【内容】
 外は雪が降っていて、兜はやってくるなり「ゲシュテーバーが調子に乗っている」と言い出します。
 兜は「何がゲシュテーバーだ!」と言い出し、君影やウツギもよくわからない罵倒をしてきます。
 芹はトイレに入って「めっちゃむかつく」と言っていたら兜達がサプライズしようとしていることがわかります。

 サプライズはうれしいもののその内容に突っ込みたくなってくる芹さん。
 どう芹をおびき出すかについて兜は「ツナ缶でも置けばいいじゃないか」と言ってきました。
 放課後、芹はわざとらしく「寄ってみるか」と言い、兜達は慌てて移動しました。

 「せいぜい祝われてやるか」と被服室にやってきた芹ですが、君影が震えながら出てきました。
 ひびきはケーキを持って現れ、動揺のあまりケーキを君影にぶつけます。
 兜は何もうまくいかなかったことを悔やみ、最終的になかったことにされてしまいました。

 ウツギはルームシェアの話をはじめ、その流れで賃貸物件の見学にやってきました。
 いきなり「一人暮らしなんてできると思わないで!」とキレられ、兜は大学進学後は同じ家に住むつもりのようです。
 ケルベロス(犬)に部屋を与えることになり、君影は自分が小屋に入れてもらうなどと言っていました。

 芹に彼女が出来たらという話題になり、ウツギは別れたらいっぱいいいねをつけると言い出します。
 兜はキッチンを見るなり料理した気になり、君影は背中を流すと言ってきました。
 ウツギにハブラシを突っ込まれた芹は力尽き、いっそ外国の学校に行こうと考えてしまいます。

 芹は「こんな家で生活したら事件を起こしてしまう……」と言って駄々をこねてきました。
 兜は急にシリアスになって「こんな日が一生続けばいいのに」「ありがとうゲシュテーバー」と言ってきますが……
 最後は「俺はいつでもお前のそばにいる」と言ってきて、芹は思いっきり突っ込みを入れるのでした。

【感想等】
 ゲシュテーバーという独特の用語も、これで聴き納めかと思うとちょっとさみしいかも。
 改めて登場人物を見渡してみると芹さん以外がやたらと強そうに見えるのですが……
 何も知らない人に絵だけ見せたらバトルアニメだと思われても不思議でないかもしれません。

 お誕生日にサプライズはよくあるものの、ケーキが駄目にされてしまうと同情しかありません。
 ルームシェアという発想はさすがになかったのですが、みんな同じ大学に行くつもりなのでしょうか。
 彼らがこのまま一緒に住みそうな気がしつつ、これ以上あまり考えないようにしようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム