【アニメ感想】22/7 第12話(終)「ナナブンノニジュウニ」

 ナナニジの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 ついに壁が動き出しましたが、その正体とは一体何者なのでしょうか。
 そしてみうさん達はどんな道を歩き始めるのでしょうか。

【内容】
 壁がフリーザ様の声でしゃべってきて、自分の目的は「観察」だと言ってきました。
 日々の観察ことが目的の主体であり、逐一報告を受けているらしいですが……
 壁はアイドルが群衆の心を動かせるかという「実験」だと言い放ちます。

 みう達を選んだのは全くの偶然だと言われ、都は人の心をなんやと思ってんねんとぶち切れします。
 ニコルは頭を下げてナナブンノニジュウニを続けさせてほしいと訴えますが……
 壁は「出来かねます」「あなたたちは用済みなのです」と言い放ちます。

 みうはぶち切れして壁を攻撃し「あなたは何も知らない」と言って一人一人を紹介していきます。
 ニコルも燭台を投げつけ、他のメンバーも言いたい放題で「私達8人だけだって続けてやる」と壁に攻撃を仕掛けます。
 壁をぶち破るとパソコンにたくさんの写真が飾られていて、子供の頃からずっと調べていた形跡がみられます。

 みう達はその奥へと進んでいき、不安の中、薄力粉、キャベツうんぬんと円陣を組んで気合いを入れます。
 出ていったらそこにステージがあってどう集められたのかたくさんの観客が待っていました。
 みうは「歌おう」と言い、動機が不純だったかもしれないなどと言いつつ、最後はアイドルが好きですと言ってきます。

 オープニングテーマ「ムズイ」を流し、曲に合わせて歌って踊り出す一同。
 合田は「壁はこの景色を見せたかったのかもしれない……」と熱弁して感動的に占めようとしていました。
 最後は満面の笑みを見せて幼少期の姿になったみう、ニコルが手をつないでライブを終えます。

 壁から突然に「新メンバー加入」という指令が出てきました。
 唐突な新キャラ登場は2期への伏線……なのでしょうか。

【感想等】
 主人公が最後まで棒読みと言わざるを得ませんがこれはこれで味があるように思えてきました。
 ラブライブという前例を含めてアイドルアニメでアイドルが声を当てるのは分からなくもないかと。
 壁さんがフリーザ様というのはお声敵にはラスボスにふさわしいと思います。

 壁を殴るのがラストバトルなのはさておき、十代の少女の力とはとても思えませんでした。
 ラスボスの目的やどう客が集まったのは疑問が残るものの、終わりよければ全てよしということかと。
 嫌いなことを仕事に……と言っていたのが前向きになったのが一番の成果なのかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム