【アニメ感想】推しが武道館いってくれたら死ぬ 第12話(終)「推しが武道館いってくれたら」

 推し武道の最終回(12話)を見て感想を書きます。
 いよいよせとうちアイドルフェスティバルが始まり、四国中国のアイドルが一堂に会します。
 舞菜さん達はこれらの強敵を退けて武道館に行くことが出来るのでしょうか。

【内容】
 れおが必死に練習をしているところに舞菜が出てきて飲み物を持ってきます。
 「いくらレッスンしても自信が持てない」「絶対に叶わない相手がいる」という現実がのしかかります。
 それでもれおは「がんばることしか出来ない」と言い、他のメンバーも集まってきました。

 本命の「めいぷるどーる」は一番最後で、チャムジャムは真ん中という微妙な順番でした。
 楽屋が狭いことに驚きつつ、他のメンバーと違ってはじめてではないれおは色々と詳しいようです。
 「そんなんじゃ武道館なんて行けないよ」と言われたことを思い出したれおは落ち込みます。

 えりぴよは大量にCDを買い込む一方で、くまさや玲奈はあえて1枚に濃縮するとのこと。
 15分刻みでアイドルが次々と登板し、れおは「大丈夫」と仲間を激励しますが……
 「れおちゃんはこんな大きい会場久しぶりだもんね」と煽ってきますがれおは「楽しめればいい」と言ってきます。

 相手は武道館ライブが決まったと言い放ち、闇墜ちしそうになるれおですが仲間に励まされて持ち直します。
 舞菜は「全部が無駄になっちゃうわけないと思う」と言い、1%でも報われるならステージで100%にしようと言ってきました。
 れおは「みんなで武道館に行く」と決意し、えりぴよは「舞菜ちゃん!」と叫んで2人だけの世界に入ります。

 大勢のファンを前にした一同は「アイドルをやってて良かった!」と感じながらライブを行います。
 えりぴよは物販までうどんを食べていましたが、めいぷるのライブは盛り上がりがぜんぜん違っていました。
 気合いの入った社長のせいもあってチラシ配りにいそしむ舞菜でしたがえりぴよの姿を見て驚きます。

 舞菜は「一番に好きでいてほしい」と言い、空音は「一番可愛い舞菜を見せるんだよ」と言ってきます。
 えりぴよは「アイドルっていっぱいいるんだな」と言いますが、くまさはれおとの出会いを「人生の宝」と言い切ります。
 握手会では基と空音、くまさとれお、玲奈と舞菜の会話が続き、舞菜は最前列にいてうれしかったとひと言。

 「めちゃめちゃ楽しかったし幸せだった!」と目を輝かせるえりぴよさん。
 舞菜はえりぴよと武道館に行くと決意し、えりぴよは舞菜の可愛さに思わず感動を覚えます。
 「一生好き」「武道館いってくれたら死んでもいい」とタイトルを回収するえりぴよでした。 

【感想等】
 舞菜さんもれおさんもいいですが、舞菜舞菜と元気に叫ぶえりぴよさんが一番好きかも。
 最近は(主にコロナ関連で)暗い話題が多いのであの明るいお声に救われたような気がします。
 「絶対に勝てない相手がいる」という発言で一気に現実に引き戻されたのは内緒です。

 別のアニメのメイプルさんでもあるれおさんがかつてのライバルを前に闇墜ちするのではとはらはらしながら見てました。
 1%でも報われるなら……というひと言はよかったですし、えりぴよさんでなくてもCDを買い込みたくなる衝動に駆られます。
 後光が差した舞菜さんならどこでも行けそうだと思いますし、出来たら2期でめいぷるさんとけりをつけてほしいなと思います。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

推しが武道館いってくれたら死ぬ #12 『推しが武道館いってくれたら』

アイドルグループChamJamのセンター五十嵐れおも 市井舞菜と同じように不安を抱えていました。 前にいたグループのことを思い出して不安になったのですね。 『せとうちアイドルフェスティバル16th』当日、 やはり、えりぴよ、くまさ、基は、長い列を作って 並んでいました。 そんな中、アイドルグループChamJamは 関係者入り口から入場。 ホットミールなんてあるのね。 そ...

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム