【アニメ感想】宝石商リチャード氏の謎鑑定 第12話(終)「転生のタンザナイト」

 リチャードさんの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 突然として現われた父親は一体何を考えているのでしょうか。
 正義さんの年齢を考えると一方的に殴られることはないと思いますが……

【内容】
 父親が正義に声をかけてきますが、この父は母(ひろみ)を殴ったりするだめな親でした。
 両親はすでに離婚していましたが、父は「お父さんと一緒に暮らそう」と言ってきます。
 正義は「お前なんて俺の父親じゃない!」と叫んで逃げていきますが……

 オープニングの後、正義は母親に電話をかけますが母はすでに再婚しているようです。
 正義はリチャードにバイトに行けないと連絡し、その翌日には大学に父親が現われます。
 「実家に帰る」とリチャードに連絡しますが、そんなときに晶子が声をかけてきました。

 シャウルは「弟子があなたを心配しています」と連絡してきて、正義は公務員試験もあるから辞めるかもしれないと説明します。
 正義は父親に「お前を殺して俺も死のうと思った」と言い放ち、包丁を持ってこれ以上近づくなと言い放ちます。
 「だんだんお父さんに似てきたよ」「お父さんみたいになっちゃうんだよ」と言われた正義はつい包丁で父を刺してしまいます。

 父親を刺したのは夢だったようで、思い返すと実際はびびった父親は逃げていったようです。
 起きるなり父親から連絡が入ったので家を出ようとし、リチャードから預かった宝石につい目がいきます。
 正義はリチャードを尋ねて店を辞めたいと言いますが、リチャードはタンザナイトについて説明します。

 タンザナイトの宝石言葉は「転生」であり、正義は質問に自分以外の何かになりたいとつぶやきます。
 リチャードは正義のような人間になりたいと言い、父親の名前を出して「困った方ですね」と言ってきました。
 どうやらジェフリーに調べてもらっていたらしく「どうして相談しないのか」と聞いてくるリチャードさん。

 リチャードは「何故私を路傍の石のように扱う?」と怒ってきて、しかるべき措置を執ればいいと言ってきます。
 正義は父親を刺そうとしたと言い、リチャードは「よく話してくれましたね」と言ってきました。
 「自分の弱さに目を向けられる強さにこそ目を向けるべき」というリチャードは正義を「真に強い人間」とひと言。

 リチャードが携帯電源をオンにしろと言い、実父に続いて義父(再婚相手)が出てきて大事な息子だと言ってきます。
 正義は「俺は中田正義だ。絶対にお前のようにはならない」と言い、リチャードは「警察に行きますか」と言い放ちます。
 成人式にタンザナイトをつけた正義はリチャードに写真を撮ってくれと言って決めポーズをしてきました。

 俺は生まれ変わっても「中田正義」になりたいという正義さん。
 リチャードは英語を教えると言い、客がきたので正義はお茶の準備をするのでした。

【感想等】
 スルーしようとしていたはずが、1話でのめり込んで気づいたら最後まで見ていました。
 櫻井さんのお声を思う存分聴ける上に毎回のうんちくもとても勉強になりました。
 父親がストーカーなのは普通ではないですが、母親を名前で呼ぶ息子もかなり珍しいかも。

 シャウルさんが正義さんを心配していたことに感動しつつも、外人に公務員試験と言ってわかるものなのでしょうか。
 「路傍の石」という単語を知っていることもそうですが、自分の弱さに目を向けられる強さという発言が胸にきました。
 血の繋がらない息子を大切に思うお父さんもよかったですし、もし2期があるなら絶対に見ようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム