【アニメ感想】魔術士オーフェンはぐれ旅 第12話「死の絶叫」

 オーフェンさんの12話を見て感想を書かせていただきます。
 今度はクリーオウさんが何者かの襲撃を受けるそうですが……
 毎回毎回襲撃ばかりでこれでは安心して眠れなさそうです。

【内容】
 オーフェンの前にウォール・カーレンが現われ、ハイドラントはもう教室にいないと言ってきます。
 ハイドラントが大量殺人を行ったと言いますが、向こうはどちらが殺したにしても死体の始末をしたとひと言。
 「俺が誰だかを忘れたか!」と脅してくるオーフェンは「自分を敵に回すな(意訳)」と言ってきます。

 オープニングの後、オーフェンはマジクやレティシャとともに馬車で移動していました。
 マジクの入門は終わったそうですが、オーフェンには先ほどの言葉ば耳に残っていました。
 クリーオウは何者かに襲撃を受け、レティシャは自分が追いかけると言ってきますが……

 レティシャは一人で追うべきではないと言いながらも怪しい影を追いかけていきます。
 オーフェンはクリーオウを回復させ、マジクに彼女を見張らせつつ出ていきます。
 レティシャの前に2人の暗殺者が出てきてそのうち1人が問題のハイドラントのようです。

 ハイドラント達の目的は「ブラウニング家の世界」でチャイルドマン教室と何か関係があるそうです。
 レティシャは指をちぎられますがそこにアザリーが出てきて相手は退散します。
 オーフェンがたどり着いた頃にはレティシャは気を失っていて、すでに治療された跡がありました。

 目を覚ましたレティシャはオーフェンが助けてくれたと考えます。
 オーフェンは指をくっつけたと言いますが、神経をくっつけることは出来なかったそうです。
 復讐に燃えるオーフェンをたしなめたレティシャはフォルテに相談しろと言ってきます。

 いつの間にか塔からみんないなくなったらしく、もう一人にしないでほしいとレティシャさん。
 オーフェンが出ていこうとしたらアザリーが出てきて、彼らの目的が「世界書」というアイテムだと言ってきました。
 1000年前に現われた神の一人は唯一神になろうとして「魔王」と呼ばれ、その著書こそが「世界書」らしいです。

 最後に「世界書」を手に入れたのがチャイルドマンであり、ウォール教室はそれを手に入れようとしていました。
 アザリーは世界書が必要だと言い、レティシャを襲撃したウォール教室にはもう後はないそうですが……
 オーフェンはアザリーがレティシャを気遣うのを不思議に思い、アザリーは暗殺者を始末しろと言ってきました。

 アザリーは世界書は「生徒」が持っていると言って去っていき、オーフェンは「人を理解する女が人を殺すか」と叫びます。
 クリーオウはオーフェンのやりとりを聞いていて、自分くらいしか相棒は務まらないと言ってきます。
 マジクが持っている本はチャイルドマンの屋敷で拾ったもので、オーフェンは「俺を助けてくれ」と言い出すのでした。

【感想等】
 アザリーさん云々だけでも大変なのに、塔の内部抗争(?)まであって前途多難です。
 さすがのレティシャさんも2人相手ではどうにもならないと思いますが……
 いくら深夜アニメでも身体の欠損をそのまま放送できるのはちょっと驚きました。

 相手が自ら招いた事態とはいえもう後がないと言われ、いよいよ終わりが近づいてきたのかも。
 オーフェンさんが人を頼ってきたのが意外でしたが、旅を通じて性格が変わったのでしょうか。
 次回でウォール教室と決着をつけるとしても、2クールあってももしかしたら収まらないのかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>フェリシャ

レティシャですよ
愛称はティッシです

>いくら深夜アニメでも身体の欠損をそのまま放送できるのはちょっと驚きました。

まあ、日曜に放送した劇場版HF第2章ではバーサーカーの手足の欠損も桜の腕の欠損もギルの足の欠損もそのまま放送しましたし

Re: No title

> >フェリシャ
>
> レティシャですよ
> 愛称はティッシです

 マギレコのフェリシアさんと混じってしまったのでしょうか。
 とりあえず修正しておきました。

> >いくら深夜アニメでも身体の欠損をそのまま放送できるのはちょっと驚きました。
>
> まあ、日曜に放送した劇場版HF第2章ではバーサーカーの手足の欠損も桜の腕の欠損もギルの足の欠損もそのまま放送しましたし

 HFはまだ見てないので土日で見ようかと思います。
 感想はもう少し遅くなると思いますが……
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム