【アニメ感想】群れなせ!シートン学園 第12話(終)「オレの知る学生動物 -ともだちの話-」

 シートン学園の最終回(12話)を見て感想を書きます。
 ダーウィン学園の刺客も気づいたらほとんどを倒してしまいました。
 サブタイトルから察するに人さんもずいぶんと丸くなったようです。

【内容】
 ランカ達の前にダーウィン学園の「ボス」が現われます。
 ゾウは低周波音を使って遠くの相手と会話することが出来るそうですが……
 ボスの正体は「ケナガマンモス」でしたが、意外と小さくて驚きました。

 人はアンの正体がネアンデルタール人だと気づきますが、ボスが思ったより小さくて拍子抜けします。
 しかしそのパワーは本物でキングやイエナは投げ飛ばされ、人はこのままでは負けてしまうと危機感を抱きます。
 人はビー玉を転がしてマンモスの動きを止め、ボクシング勝負という提案をのめと悪役の顔をします。

 ランカがマンモスとボクシングすることになり、しましまだからとクロエがレフェリーを強いられます。
 瞳は話し合いで解決出来ないのかと聞きますが、それは出来ない相談らしいです。
 アンはトイレでぼっち飯を食べていたところでマンモスのスカウトを受けたことを思い出します。

 フェリルは自分が代わりに戦うと言いますが、妹がやる気なので応援に徹することに。
 相手のすさまじい力を前に苦戦を強いられますが、相手には体力がないという弱点もありました。
 女性陣があられもない姿になってプラカードを持っているのを見て男性陣は興奮を隠せません。

 瞳はアンがネアンデルタール人だと知っても「何も変わらない」と言ってきました。
 ランカは逃げるだけなのかと挑発されて向かっていき、殴り倒されたもののギリギリで立ち上がります。
 アンはもういいのではないかと言いますが、ボスは「人は嘘をつく動物」と言い放ちます。

 人はランカをよしよしして応援すると、ランカは顔を真っ赤にしてすさまじいオーラを出してきました。
 「絶滅種をなめるな!」とボスはランカを場外に殴り飛ばし、ミユビは必死に応援していつもどおり死んでしまいます。
 みんなの応援の力で復活したランカに対し、ボスはアンにEX団をやめると言われてショックを受けます。

 ボスは精神的ショックでダウンし、こうしてランカが勝利した形となりました。
 瞳の優しさに触れたボスは考えを改め、ランカから追放されたアンは最終的にボスの元へと戻っていきました。
 人は「共通の敵を作らなくても仲間はできる」と言い、EX団は最後の一体は木に頭をぶつけて絶滅します。

 最後はスタッフロールとともにダーウィン学園の皆さんと集まって料理を作ることになりました。
 瞳は種族の違いを乗越えられるといって笑顔を見せ、人は「お前らは絶滅するなよ」と言ってきますが……
 最後の最後に名前が出てきた「ファーブル学園」とは何者なのでしょうか。

【感想等】
 ラスボスがマンモスさんなのはいいとしても、まさか女子だったとは……
 ビー玉を必死にかき集めるところがすごく可愛くてなんだか微笑ましく思えてきました。
 今季はネコぱら、シナモン、本作と動物アニメが続いたのは何かの偶然でしょうか。

 全体としてほのぼのムードのお話でしたが、人間に滅ぼされた種というワードはなかなかに重たいです。
 女性陣があられもない姿になるのはさておき、みんなの応援で復活するところはかっこよかったです。
 最後の最後でファーブル学園というワードが出てきましたが、これは2期放送フラグだと考えてよいのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム