【アニメ感想】うちタマ?!~うちのタマ知りませんか?~ 第11話(終)「タマの正体/猫会議/ぼくの大切なもの」

 うちタマの最終回(11話)を見て感想を書きます。
 最初は違和感がありましたが、今では日常の一部に溶け込んでいました。
 来週から何を楽しみに生きていけばいいのでしょうか。

【内容】
1 「タマの正体」
 ポチはタマが元気がないことに気づき、実家に作ってもらったおからドーナツをくれました。
 嫌なことがあったときは好きなことを思い浮かべると言い、何か悩みがあれば相談しろと言ってきます。
 ポチはそのまま眠ってしまい、タマはみんなに言わなければならないことがあると言い出します。

 タマは「僕はネコじゃなくてタヌキなんだ」と言い、自分の写真を見た子供がそう言っていたことを告げます。
 ゴンは実物のタヌキ(の置物)を見せてくれ、並んで立っていたらタヌキめ……と写真を撮られます。
 ニャンスタを見ると色んなネコが出てきて、タマのハッシュタグに「狸」とつけられていましたが……

 ポチは「タマはタマだよ!僕らの友情は変わらないよ!」と言っていい流れで終わりそうです。
 タマはタヌキってどんなのだろうと考え、ノラは「本能に従ってみるのも悪いことではない」と言ってきました。
 「僕、山に帰るよ」と言い出すタマにポチはショックを受けますが、ゴンはやってみればいいとひと言。

 タマはたけしくんに別れを告げ、仲間に別れを告げながらポチとは抱き合います。
 一人で森に入っていったタマは妙に落ち着くのを感じますが、本物の狸に襲われて逃げていきます。
 「タマ」という文字が雨ににじんで「タヌキ」に見えていたらしく「やっぱりネコ」と結論づけます。

2 「猫会議」
 タマ達が集まって人間は不思議な生き物だと言っていました。
 ペットボトルをネコだと思って話しかけたり、ペットボトルでネコよけをしたり……
 人間は世界のネコを見すぎていて、ネコがベッドよりもダンボールに入ると悲しがるそうです。

 ノラは人間が「ジャコウネコ」のフンをコーヒーにして飲んでいると言い出します。
 人間がネコを不思議がるようにネコもまた人間を不思議がっているようです。

3 「ぼくの大切なもの」
 たけしくんは「大切なもの」というテーマでタマの絵を描いていました。
 風が飛んできてたけしくんの絵は守ったものの、倉持くんの絵は飛んでいってしまいました。
 みんなで手分けして絵を探すことになり、ノラは「今忙しい」と言って寝てしまいます。

 ブルはモモを見るなり緊張しますが、コマからタマが倉持くん(飼い主)の絵をなくしたと聞かされます。
 周りはタマは悪くないとフォローし、ブルは一緒に謝ってやると言い、モモに「かっこいい」と言われて舞い上がります。
 ノラは銭湯の煙突に紙が引っかかっていると言い、トラが煙突を登って取りに行きますが高いところが怖いです。

 タマはべーの絆創膏が光った途端に煙突のてっぺんに移動していて、夕日を見て謎の感動を覚えます。
 絵を取ろうとして落下しようとした時も同じように光って戻ってきていました。
 倉持くんの大切なものはタマをはじめとした3丁目の仲間達……というオチなのでした。

【感想等】
 過去作も11話で終わったことがあるので話数としては計算どおりだと思われます。
 前番組(PSYCHO-PASS3)とのギャップがすさまじく、そのことでアニメの可能性を感じたかも。
 ノイタミナ(noitamina)を逆にするとアニメーション(animation)になるのも頷けます。

 タマさんがタヌキさんになる発想は想定外でしたが、彼が順応しすぎていたことが一番の驚きかも。
 ソマリさんで人間の悪い面を見た後だと「不思議」に留まるだけならまだましだと思えます。
 べーさんの謎が残ったものの、最後は綺麗にまとめてきましたし、いつか2期をやってほしいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム