【アニメ感想】はてな☆イリュージョン 第10話

 はてなさんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 メイヴさんを助け出すためには3つの試練を突破する必要があるそうです。
 最近は色々なところで新井さんのお声を聞けて幸せです。

【内容】
 3つのアーティファクトを回収すればメイヴを解放してくれると聞いた果菜は二つ返事で引き受けます。
 怪しい男達が衛達がいないのに乗じて宝を奪おうとしていて、ミシェル(マライアの変装?)がその手引きをしていました。
 衛はオーストラリアに公演に行くといい、3つのうち1つの地神のバイオリンがオーストラリアにあるそうです。

 真や果菜、エマは衛の公演のためオーストラリアに来て、グレゴリーが車を準備してくれました。
 ブライアンはグレゴリーの旧友の息子らしく、グレゴリーは真が練習をしているのを評価していました。
 衛にその100分の1も熱心さがあればとつぶやきつつ肉体美を披露して鳩を出してきました。

 「奇術の根本は見えないことである」と聞いた真は大いに参考になったとひと言。
 マライアはアーティファクトのありかを突き止め、心美の父親はマライアに声をかけて娘に怒られます。
 トミトミがいるのは留守の間に屋敷を守るためであり、敵は複数組織が手を組んでいるそうです。

 真は目が覚めたからと散歩していて、果菜が海辺で考え事をしているのを見つけます。
 果菜は必殺技のことを考えていたらしく、真は「必殺技のことは戻ったら考えよう」とコートをかけてくれました。
 マライアは「私はもう子供じゃない」と単身で任務に出向き、心美はさりげなく父親を心配します。

 星里家に怪しい組織がやってきて、トミトミは「丁重にお迎えしなくては」と言って変な仮面をかぶります。
 スレンダーな体型になったトミトミは巨大な折紙を使って雑兵を蹴散らしてしまいます。
 別のところではロボット(?)まで出してきましたが、ジーヴスは若い姿になって一方的にやっつけます。

 大胆な恰好で潜入捜査をするマライアは「黄金の翼」に似た偽物を発見します。
 敵はアーティファクトを自作しようとしているらしく、マライアは「不愉快よ」と言って破壊活動を開始します。
 心美パパは「雷神の指輪」の場所が愛人宅だと見抜いて「交渉」を持ちかけてきました。

 マライアは風神の彫像を持って帰宅し、心美パパも雷神の指輪を「返却」してもらったそうです。
 あとはバイオリンを奪還すれば母親を奪還できるようですが……

【感想等】
 グレゴリーさんのお姿を見ていて同じような人を「鋼の錬金術師」で見たことを思いだしました。
 いきなり海外に出ることになり新キャラも続々出てきて最後が近づいたような気がします。
 トミトミさんの出番が意外に多いのは驚きましたが、敵の敵は味方……ということなのかもしれません。

 「必殺技」という少年誌的なそれが出てきたら、最後はバトルアニメになってしまうのでしょうか。
 真さん(もとい松岡さん)のお声で必殺技と聞いたらスターバーストストリームのことが頭に浮かびます。
 怪盗という割に実力行使が多いような気がしますが、いつかはしっぺ返しがくるような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム