【アニメ感想】はてな☆イリュージョン 第9話

 はてなさんの9話を見て感想を書きます。
 マライアさんの命令で再度トミトミさんのお屋敷に潜入するそうです。
 果菜さん達は力を示すことが出来るのか、わたし、気になります!

【内容】
 エマはアーティファクトを脱いでメイヴは強引な方だと言い、果菜や夢未もよく似ているとつぶやきます。
 真、果菜、夢未の3人がかりでもジーヴスには歯が立たず、エマはもう一度マライアの試験を受けようと提案します。
 マライアはある場所に潜入してアーティファクトを手に入れれば屋敷を追い出されずに済むらしいですが……

 真達は潜入したもののすぐに敵の攻撃を受けますが、果菜はアーティファクトを変形させて対処します。
 仮面を付けた試験官にわざわざ名乗りを上げる果菜、真ですが……
 試験官はエマのメイド服を所有していて、果菜達を追い返せば自分のものになると言ってきます。

 ガウガウは自分を分身させたものの歯が立たず、真は二刀流になって「練習の成果を見せてやる」とひと言。
 果菜との連携で試験官を倒しますが、その正体はトミトミというオチでした。
 エマは「特に理由はありませんよ」と言い、ブローチが壊れたことは覚悟の上だったと言ってマライアの元に向かいます。

 衛はあのブローチがどんなものだったのかわかっているのかと言い、課題はまだ終わっていないと言ってきました。
 アーティファクトであるジーヴスは200年以上執事をしているそうで、屋敷はメイヴが盗み出したものらしいです。
 メイヴとその母親との話し合いで屋敷を日本に移築し、ジーヴスそのものが守るべき大切な宝物……なのだとか。

 エマはマライアは約束を守ると言いますが、マライアはエマの行動が子供達を定めに引きずり込むことだと主張します。
 幼い頃のエマはメイヴとの過去、そして、メイヴがエマを「試験」したことを思い出します。
 トミトミはアーティファクトを死後寄附することを条件に譲り受けていて、メイヴはアーティファクトを修復できるそうです。

 果菜は夢未の力と紋章があればエマのブローチを修理できると言ってきました。
 かつてのメイヴはエマを拾って抱きしめ、あなたごとそれを盗むと言っていたようですが……
 果菜は悲しみを盗んで笑顔に変えると言い、真はグレゴリーの弟子入りを認められるのでした。

【感想等】
 ネコぱらで「試験」があった後なので、ここでも「試験」が出てくるのはちょっとした偶然かと。
 鈴の試験も怪盗の試験も一般的なものとはなかなか言えませんが……
 前回に比べるとアーティファクトを使いこなせているようで、修行の成果があったと思うと少しうれしいです。

 真さんが二刀流になったときにキリトさんを思い出したのは絶対私だけではないはず。
 試験うんぬんよりもトミトミさんの体型がすっかり変わっていたことが一番の驚きでした。
 メイド服に込められた思いに思わず涙を流しつつ、残りのお話もちゃんと見ていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム