【アニメ感想】ID:INVADED イド:インヴェイデッド 第11話「STORMED」

 イドさんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 色々なことが続いてお話も終わりに近づいているように思えます。
 どんな展開が待っているのかしっかり見届けたいです。

【内容】
 イド嵐を前に坂井戸もとい鳴瓢は自分がジョンウォーカーに操られていたことに気づきます。
 松岡がやっているのかそれとも彼もまた引っかかったのかわかりませんが……
 彼の動きには不審な点がなく、鳴瓢は冨久田を殴ろうとしたものの相手はまるで抵抗しません。

 冨久田を殺すまでがジョンウォーカーの罠だと思えば彼を倒すことはちゅうちょされます。
 鳴瓢は冨久田が数象障害でそれをなんとかするために頭に穴を空けたと考えます。
 コックピットがいつの間になくなっていて、嵐が拡大するのはイドの更新が続いているからなのだとか。

 嵐の発生とコックピットの消滅とがイコールであり、コックピットは本堂町と一緒に来ているそうです。
 本堂町は鳴瓢が殺人鬼を殺していった過程を探っていき、殺人鬼の被害者が必ずしも即死するわけではないと考えます。
 最大7人という数字にも意味があると考え、推理を展開していき、曜日を決めて殺人を捜査していると推測します。

 松岡が連絡を入れてきたかと思えば、本堂町は冨久田に銃を突きつけつつも撃つつもりはないと言ってきます。
 冨久田はジョンウォーカーと会った日を正確に覚えていて、職場で昼寝している奴や海外出張があるのではと言ってきました。
 松岡が写真立てをチェックすると強い思念粒子を発見し、写真に接触できた人物を調べることになりました。

 本堂町は局長がジョンウォーカーだと指摘し、そのまま鳴瓢達と合流します。
 局長の正体を知った3人はカエルちゃんのところに向かい、
 飛鳥井木記とは何者かと考えながらその死体と対面し、局長は木記に出番ですよとつぶやくのでした。

【感想等】
 このお話を除けば残り1話だと思われますが、最後までちんぷんかんぷんで終わるかも。
 局長さんが怪しいというのは言ったことがあるものの、彼がラスボスということで確定でしょうか。
 ナナというとトクナナを思い出しますが、どんな結末になるのか見届けるしかありません。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム