【アニメ感想】虚構推理 第9話「鋼人七瀬攻略議会」

 虚構推理の9話を見て感想を書きます。
 パソコンに向かって延々と文字を打ち込む琴子さんですが……
 鋼人七瀬さんの不実在がここで立証されるのでしょうか。

【内容】
 九郎が鋼人七瀬と戦い、琴子は「鋼人七瀬攻略議会」と称して書き込みをはじめます。
 鋼人七瀬は本当にいるのか、ただの都市伝説に過ぎないのではないかと書いてみて反応を待ちます。
 反論があれば犯人が寺田刑事を殺すために「鋼人七瀬」という偽物をでっち上げたと主張します。

 琴子は犯人が鋼人七瀬に襲われたと言って寺田を呼びだし、前もってコンクリートの固まりを仕掛けます。
 遺留品を持って寺田をおびき出し、遠隔操作で外された重りが寺田の頭に直撃したということらしいです。
 大仕掛けな殺人を行うにはリスクが高いという反論には何ヶ月も前から準備していたと言っておきます。

 振り子仕掛けは後方から仕掛けるのではと言われましたが、反射的に顔を向けたのではと推測します。
 どうして面倒なトリックを仕掛けたのかという反論に対しては、犯人を力のある男だと思わせて実際は女性だと考えます。
 犯人は寺田と同僚の女性だと言い、一方的に好意を抱かれて迷惑していたのではないかと書き込んでみました。

 掲示板の書き込みの流れが変わり、紗季はこれでは自分が犯人になるじゃないかと突っ込みを入れます。
 しかしすぐに流れが変わってしまい、紗季は六花が九郎と同じように未来を掴む能力を使っているのではと考えてきました。
 琴子は六花に有利であることに気づきつつ、ここは「虚構争奪議会」で一部でも信じてもらえればいいとつぶやきます。

 俺は鋼人七瀬を見て鉄骨を投げたと言ってきたら、実際の鋼人七瀬も鉄骨を投げて九郎を攻撃します。
 九郎は傷を回復させて復活し、琴子は再び「私は勝ちますよ」と言って推理を続けるのでした。

【感想等】
 1クールだとしたら鋼人七瀬さんをなんとかして六花さんとはうやむやにして終わるのかも。
 攻撃しても死なないような相手ならお話をどれだけ進んでもどうにもならないのかもしれません。
 主人公が「嘘でもいい」と割り切っているのはかなり珍しいのではないかと思います。

 いつもの恋愛脳が控えめになったからなのか、あれだけの推論を組み立てのは実に見事だと思います。
 犯人を紗季さんっぽく書いてみたのは元カノに対する恨みがあるのかとちょっと考えます。
 さすがに次回で決着がつくのではと思いますが、六花さんの目的が一体何なのか気になります。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

虚構推理 第9話 『鋼人七瀬攻略議会』

鋼人七瀬に立ち向かう。 一方、岩永琴子は『鋼人七瀬まとめサイト』に 書き込みを行い、『鋼人七瀬』が存在しないことを 不特定多数が認めるように論述を始める。 中々のストーリーだが、最初の論述の同僚の警察官による 寺田徳之助刑事殺害説では、不特定多数は賛同しなかった。 桜川六花が裏で暗躍していることを弓原紗季も 気づいたようです。 第2の論述では・・・。 なんと! 『次回...

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム