【アニメ感想】22/7 第9話「お星さまのララバイ」

 22/7の9話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は大まかな予想(というよりも順番)どおり絢香さんのメイン回になりました。
 ライブの成功はいいとしても結成1周年と言われて驚いたのは内緒です。

【内容】
 絢香は絵を描きながら姉をたたき起こして一緒に朝ごはんをいただきます。
 姉は「猫かぶりすぎ」と言ってきますが、当の妹は漫画のネタのつもりではじめたのだとか。
 「仲直りにはエロい下着で」と姉を送り出してから自分自身も出勤することに。

 22/7はもうすぐ1周年で順風満帆らしく、絢香とみうはマスクをして電車で移動します。
 絢香はここが居場所なのかわからないと言い、居場所なんてたまたま腰を落ち着けた場所だとひと言。
 12年前、2人の姉と一緒に暮らしていた絢香は母親に甘えきってララバイを歌ってもらいます。

 回想でマンガ好きの絢香は姉に反発し、現代では結成日には1周年ライブの開催が決定します。
 あっという間に1年が経過したわけですが、壁からは箱根温泉での一泊二日旅行をプレゼントされます。
 姉が男の子と喧嘩しているのを見つけた当時の絢香はとっさに姉をかばおうとしますが……

 もう一人の姉が男の子を追い払い、好きか嫌いかなんて関係ないじゃないと言って2人を抱き留めます。
 それ以来、姉と喧嘩しても泣かなくなったらしいですが……
 豪華な食事を食べていてそれぞれ好きな食材について話をしていて、ニコルはウニを魚だと思っているようです。

 食事の後は露天風呂に入ることになり、絢香は学校では一人でいることが多かったそうです。
 他の女子にトイレで水をぶっかけられながらもマンガを書くことに目覚めて一人暮らしをはじめます。
 そんなところで22/7の誘いを受けて現代に至り、露天風呂に入って天体観測っぽいことをします。

 みんなでトランプで遊んでいましたが喧嘩になり、都に至っては決闘するなどと言い出します。
 絢香は誰一人欠けてもダメだと言ってこの場をおさめ、とりあえずふとんを敷いてみんなで寝ることに。
 その夜、絢香は自分を「ただの可愛い女の子」と言って一周年ライブの成功を願います。
 そして、Cパートで壁からは「解散せよ」とひと言だけ書かれているのですが……

【感想等】
 絢香さんのメイン回ではありますが、いきなり「漫画のネタではじめた」と言われて驚きました。
 展開が早いのはさておきここまでうまくいきすぎているのが気になりますが……
 絢香さんが「滝川」だからとみうさんを「クリステル」というのがなんだかシュールです。

 下のお姉さんは冒頭に一緒に食事していましたが、もう一人のお姉さんは今、どうしているのか少し気になります。
 いじめシーンを見て昔を思い出しつつも、離婚や死別が普通の他のメンバーに比べるとまだ幸せなように思えます。
 順当にいけば次回がニコルさんのお話になりますが、最後は解散して一人一人活動するということでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム