【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第9話「理系が恋に落ちたので沖縄合宿行ってみた。」

 りけこいの9話を見て感想を書きます。
 夏合宿になって沖縄に来ても彼らは相変わらずのようです。
 かつて修学旅行で行ったのはいい思い出かも。

【内容】
 沖縄合宿に行くことになったものの、恵那は部外者がいることに不快感を示します。
 心夜や菖蒲は大量の荷物を持って「さあはじめようか……合宿という名の実験を!」とどや顔をしますが……
 思いきり金属検査に引っかかってオープニングが流れます。

 もっと密着しろと「実験」を行う心夜に言葉は突っ込みを入れ、菖蒲も人前では実験禁止だと言ってきます。
 菖蒲はスキンシップ禁止にしたものの逆に密着が恋しくなってきました。
 飛行機はベルヌーイの定理によって翼が浮き上がると説明しつつも心夜が恋しくなってきます。

 沖縄についた虎輔はやたらとテンションが上がり、沖縄の海の青さは関東ではみられないものなのだとか。
 予算不足で沖縄に行けたのは山本がなけなしの貯金を消し飛ばして差額を出してくれたらしいです。
 愛華(フィギュア)といちゃつく虎輔に続き、心夜は菖蒲の(小学校以来の)水着を直視できませんでした。

 心夜は池田先生(ムキムキ)や虎輔(サッカー部)に比べて真っ白い肌を指摘されて言葉を失います。
 チャラい男が菖蒲たちに声をかけようとしたものの、以前ひどい目にあったので逃げてしまいました。
 恵那はスイカ割りは「複素数平面」だと言い、複素数を覚えていないのは理系として問題……らしいです。

 池田先生は棒を振って風圧でスイカを切り裂き、菖蒲は一目のないところで心夜と密着実験を試みます。
 心夜には刺激が強すぎて、虎輔達はそれを見かねて声をかけ、山本先輩もどう密着すればいいかと考えようとひと言。
 上下で密着させればどうかと考えますが、どれだけアクロバティックなカップルなんだと突っ込みを入れます。

 恵那は胸が大きいと身体を併せた時に隙間が出来ると言い、最も密着するのは男同士が抱き合うことなのだとか。
 虎輔が自分を守ってあげると言っていたことを思い出す恵那ですが、女の方が感情を動かしたことを覚えているそうです。
 チャラ男は今度は恵那に声をかけてきて、虎輔はいきなり相手を殴りつけますがゲームの話をしただけなのだとか。

 恵那はなんだかんだ言って虎輔が助けてくれたことはまんざらでもなかったそうです。
 Cパートでは撤収することになり、池田先生は学術の世界には化け物がいると言ってきますが……
 明日の発表にも強者が出てくると言われて教え子達は戦慄するしかありませんでした。

【感想等】
 沖縄合宿からはじまると思ったら空港の時点で色々やらかすのはさすがなのでしょうか。
 接触禁止と言いながらも恋しくなってくるのはもう恋しているという結論でいいはず。
 山本先輩のおかげで沖縄に行けたものの、彼女には底知れない何かを感じました。

 菖蒲さんの水着姿がメインなのかもしれませんが、池田先生の方がいろんな意味ですごい人でした。
 恋アスが百合に傾いたらこちらは逆に薔薇に傾く……のでしょうか。
 恵那さんと虎輔さんの関係が微笑ましく、もういっそ付き合えばいいと思える今日この頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム