【アニメ感想】ソマリと森の神様 第9話「小さな日々の思い出」

 ソマリさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 魔女さんとの出会いを経て更に旅を続けるソマリさん達ですが……
 サブタイトル的に回想シーンが多そうな感じがします。

【内容】
 ソマリはけろけろ(カエル)に興奮してそのまねごとをしていました。
 ゴーレムは雨をしのげる場所を見つけなければ風邪を引くと心配しますが……
 オープニングの後、2人はキャンディバオムのキツツキ小屋で休憩します。

 ゴーレムは最果ての地まで身体がもつのかと心配し、ソマリはベッドの上にあった本を読んでくれと言ってきます。
 本は料理本だったらしく、ゴーレムは「味は保証しないぞ」と言って料理を作ることに。
 食料品と宿泊代として路銀を少し置いていき、本に書かれているとおりに調理していきます。

 ソマリは「お父さんがお父さんでよかった」と言ってこれまでの旅を思い出して寝落ちしていました。
 出来上がったケーキを食べていたソマリでしたが、前歯が一本ぐらついているのに気づきます。
 そこにヤバシラとシズノが出てきますが、ソマリは「眠くなったから寝るぞ!」と言って一人で歯のことを心配します。

 次の日、シズノはキャンディを出してきましたが、ソマリは歯のこともあっていつもと様子が違いました。
 ソマリたちはアリシギの町にやってきましたが、そこは殺伐とした町で盗みや暴力が当たり前なのだとか。
 シズノはここに「歯牙師(はきばし)」がいるといい、ソマリは歯を抜かねばならないのかと心配します。

 小さなネズミが「ソアク」という「歯牙師」で本人の話によると口の中に入って歯を治療するらしいです。
 ソマリは「歯は二度と生えてこない」と言われてビクビクしてしまい、なんでもないと言って走り去っていきます。
 柄の悪い男が慰謝料を払えと言ってきますが、ヤバシラやゴーレムが彼らを一方的に叩きのめします。

 ソマリは歯が抜けてしまったと涙を流しますが、シズノは「生え替わり」じゃないかと指摘して一安心します。
 歯牙師の中では抜けた歯は思い出として残していくらしく、ゴーレムはせっかくだからともらっていきます。
 トカゲ男は泊まる場所を世話するから用心棒になってくれといい、ソマリ達はしばらくここに滞在することになりました。

 ゴーレムはソマリが寒さで震えていることに気づいてふとんをかけてやりました。
 シズノはソマリが人間だと指摘し、ゴーレムがどうして人間の父をやっているのかと聞いてきます。
 ゴーレムは「かつてのあの日から個としての性質を得ているかもしれない」とつぶやくのでした。

【感想等】
 雨が降ってもソマリさんのように歌っていれば楽しく暮らせるのかもしれません。
 前回のお話はもやもやしたものの、改めてソマリさんとゴーレムさんの関係性に希望をつなぎたいです。
 見ているだけでほっこりと癒されますし、ソマリさんのおいしそうな顔がすごくいいなと思いました。

 公式サイトのキャラ紹介にしっかり書かれていたとはいえ、ここでシズノさん達が出てくるのは驚きました。
 どんな世界観でも歯医者さんが怖いのは変わらないのはなかなかに興味深いです。
 思い出を積み重ねるのはいいとしても最後(悲しい別れ)を今から覚悟した方がいいのかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム