【アニメ感想】インフィニット・デンドログラム 第8話「超級激突」

 デンドロさんの8話を見て感想を書きます。
 今回は迅羽さんとフィガロさんの戦いを見るお話っぽいです。
 レイさんは彼らの戦いから何を学び取るのでしょうか。

【内容】
 レイはフィガロに全財産を賭けようとしたらネメシスに蹴り倒されます。
 迅羽は「金をドブに捨てるようなもの」「ずいぶんとなめられたものだな」と言ってちょっかいをかけてきました。
 レイは女性を持っていた迅羽を誘拐犯だと思っていましたがそこに現われたのはシュウでした。

 オープニングの後、迅羽はいきなり女性の声で「今度遊んでやる」と言ってきます。
 マリーはシュウの姿を見て冷や汗をかき、レイは「クマが苦手なのか」と聞いてうやむやになります。
 シュウはマリーを見て「職業は記者?」と聞いてきて好きな漫画のキャラクターらしいです。

 迅羽とフィガロが戦うことになり、結界の設定を遅くしているものの「早すぎる」攻防が繰り広げられます。
 フィガロの防御スキルが切れたとたんに吐血し、迅羽はその肺をつかみ取っていました。
 シュウやルークは迅羽の能力が「ワープ」だと見抜き、フィガロは警戒して動けなくなりました。

 フィガロはエンブリオをすでに使っているそうで、服を脱いで2本の剣で再度攻撃を仕掛けてきます。
 フィジカルバーサークで血走った顔つきになったフィガロは強くなったらしく、レイは装備品を外すと強くなるのではと推測します。
 シュウは戦闘時間が長くなるほどにフィガロは強くなると言い、取り出した武器は格が違うほどの武器らしいです。

 フィガロ、迅羽は互いにスペリオルアークスを出し、コップが割れると同時に最後の攻防が繰り広げられます。
 片腕を失ったフィガロは心臓を突き刺されますが、迅羽は心臓のエンブリオを貫けず、そのままフィガロが彼女を一刀両断します。
 観客達はいい試合だったと感動しますが、ほんの一部の者は異変に気づいていたようです。

 シュウは「どこかのバカが結界内の時間を停止させやがった……」と言い、謎のペンギンことフランクリンが現われます。
 フランクリンもまたスペリオルの一人であり、一斉攻撃もまるで通用していませんでした。
 彼はお姫様を人質に取ってきて、「さあゲームをしましょう」と言って不敵な笑みを浮かべますが……

【感想等】
 フィガロさんとお友達という時点でシュウさんが只者ではないことに気づくべきなのかも。
 迅羽さんが合成音声みたいな感じからいつもの東山さんのお声になった時はちょっと安心しました。
 こうなると彼女の素顔も見てみたい気がするのでそこはフィガロさんに期待でしょうか。

 マリーさんもシュウさんも軍人か何かではと推測しつつも、フィガロさん達の戦いはレベルは違いすぎました。
 迅羽さんは不気味ですし、半裸になったフィガロさんのお顔が悪役っぽく見えてしまいますが……
 フランクリンさんが敵なのはいいとしても、リリアーナさんの再登場をどこかで期待する私なのです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム