【アニメ感想】異世界かるてっと2 第8話「挑戦!あるばいと」

 いせかるの2期8話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルから察するにアルバイトをするのだと思いますが……
 あの世界にどんなバイトがあるのかそれはそれで気になります。

【内容】
 今日の授業が終わりますが、ヴィーシャは「ごきげんよう」と教室を出て行きました。
 スバルやカズマはヴィーシャがすぐに帰ることが気になりますが、ターニャは何も感じていないようです。
 レムはスバルと一緒に帰るといい、さらにエミリアやラムも一緒に着いてくるようです。

 スバルだけでなくカズマもまたヒロインと一緒に帰り、影でカズマもモテモテだと言われます。
 お肉屋さんでヴィーシャが働いているのを見つけたカズマは次の日にそのことを話しますが……
 アインズ達はコンビニで、カズマ達はデパートでヴィーシャを見たとのことです。

 ヴィーシャ本人はバイトをあっさり認め、食堂のスペシャルメニュー(3万円)が気になるからお金を稼ぐのだとか。
 バイトしすぎと突っ込みを入れますが、あれもあれもとやっていてコンビニでもデパートでも働くのだとか。
 ダクネスやカズマがコンビニで、スバル達はカラオケボックスでアルバイトをすることになりました。

 他の皆さんもアルバイトをすることで3万円を調達し、ついにスペシャルメニューを注文します。
 食べきれないほどの食べものを食べて幸せになるヴィーシャでした。
 ターニャは部下に付き合ってくれたお礼でコーヒーをおごってくれて、ヴィーシャの食べっぷりに突っ込むのでした。

【感想等】
 「ごきげんよう」というリアルではあまり聞かないあいさつに育ちの良さを感じる私がいます。
 セレブリャコーフ中尉ということはやはりセレブ的な人なのかもしれません。
 育ちのいい人だからこそノブレスオブリーズの精神で軍隊に入ったのでしょうか。

 本編(14~15話)でギクシャクしているスバルさんが女子にモテモテなのに隔世の感を覚えます。
 バイトよりむしろアインズ様がコンビニに買い物に行く姿を想像するとシュールですが……
 いつもなら飯テロというのかもしれませんが、あれだけの物量だと逆に胸焼けがしてきました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>「ごきげんよう」というリアルではあまり聞かないあいさつに育ちの良さを感じる私がいます。
>セレブリャコーフ中尉ということはやはりセレブ的な人なのかもしれません。
>育ちのいい人だからこそノブレスオブリーズの精神で軍隊に入ったのでしょうか。

単に軍人だから話し方が丁寧なだけですよ
ヴィーシャは元は一般人で魔術師の素養が認められての入隊です
貴族だったら、あんなに階級が低くないです
ターニャと出会った時点では伍長(五人編成の小部隊の隊長)でしたし

>本編(14~15話)でギクシャクしているスバルさんが女子にモテモテなのに隔世の感を覚えます。

こっちでもエミリアは義理チョコどまりだし、ラムはロズワールが好きなので、
本編でもこっちでも本当の意味での恋愛感情でスバルと一緒にいるのはレムだけですけどね

Re: No title

> >「ごきげんよう」というリアルではあまり聞かないあいさつに育ちの良さを感じる私がいます。
> >セレブリャコーフ中尉ということはやはりセレブ的な人なのかもしれません。
> >育ちのいい人だからこそノブレスオブリーズの精神で軍隊に入ったのでしょうか。
>
> 単に軍人だから話し方が丁寧なだけですよ
> ヴィーシャは元は一般人で魔術師の素養が認められての入隊です
> 貴族だったら、あんなに階級が低くないです
> ターニャと出会った時点では伍長(五人編成の小部隊の隊長)でしたし

 軍は上下関係が厳しくて丁寧な言葉遣いになったということなのですね。
 一般人の割にはすごい名前でちょっと驚きました。
 原作ではそもそもフルネームがほとんど出てこなかったような……

> >本編(14~15話)でギクシャクしているスバルさんが女子にモテモテなのに隔世の感を覚えます。
>
> こっちでもエミリアは義理チョコどまりだし、ラムはロズワールが好きなので、
> 本編でもこっちでも本当の意味での恋愛感情でスバルと一緒にいるのはレムだけですけどね

 どちらの世界でもレムさんはやはり天使なのかも。
 それでもスバルさんはエミリアさんを選ぶと思いますが……
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム