【アニメ感想】虚構推理 第8話「虚構を紡ぐ者」

 虚構推理の8話を見て感想を書かせていただきます。
 突然浮上した六花さんのことを思い出す九郎さんですが……
 死んだはずの彼女がボスキャラとして立ちはだかるのでしょうか。

【内容】
 紗季は六花に会ったことを思いだし、一目で「初恋の人」だと気づきました。
 六花に縛られているのを解消できるならば琴子と付き合うのもいいのではと考える紗季ですが……
 九郎は「六花は僕のいとこなんですよ」と言い、彼女がまだ生きていると言ってきます。

 オープニングの後、琴子は眠っている間に九郎と紗季の間に色々なことがあったのではないかと推測します。
 琴子もまた六花に会ったことがあると言いますが、六花もまた化け物から恐れられる存在らしいです。
 しばらく前まで六花の自宅で一緒に住んでいたそうで、病院の理事長交代と派閥変化で退院することになったのだとか。

 急に退院することになった六花は他に住むあてがないから九郎と一緒に住むと言い出します。
 九郎から連絡を受けた琴子はメイドさんにお世話されながら相談料として合鍵をよこせと言ってきます。
 六花は健康ランドに行くと言い出し、琴子は迎えの車を出して同居することになったそうです。

 琴子が六花とはじめて会った時に「この子はよくないと思う」と言われ、九郎も「そう思う」と言ってきました。
 その後は和解して2人でケーキを囲ったりしたらしいですが、今は六花は行方不明になったのだとか。
 新しい住所も仕事先も全てでたらめであり、紗季は鋼人七瀬の裏に六花がいるのだと揺さぶりをかけてきます。

 1年前、六花は積極的に絵を描くようになり、想像力の怪物を生み出す計画を立てていたと推測されます。
 六花が鋼人七瀬やその物語を作ったらしく、九郎は六花を追いかける中で事件に絡んできたそうです。
 化け猫が呼びに来たので3人で移動することになり、六花は「もっと必要ね」と言って自分で自分の首を切ります。

 琴子達は鋼人七瀬と対峙し、九郎が戦っている間に六花は書き込みで「いかに議案を可決させないか」と言い出します。
 無責任な議会ゆえにどんなものでも筋が通れば勝ちだと言いますが……
 琴子は「全力をもって嘘をつきましょう」といい、攻略議会の開会を宣言するのでした。

【感想等】
 回想シーンの髪の長い紗季さんの方が好きですが髪を切ったのは何かの意気込みなのでしょうか。
 六花さんが「死なない」存在ならもうどうにもならないようにも思えてきますが……
 元カノと今の彼女とともに初恋の相手と戦うことになったらそれはそれですごいなと思います。

 メイドさんにお世話されている琴子さんを見てああいうのもちょっといいなと思ったりします。
 六花さんが黒幕というのは確定されつつあるものの、それに至った理由が現時点ではよくわかりません。
 化け猫さんに呼びに来てほしいなと思いつつ、六花さんとはどう決着を付けるのか気になります。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

虚構推理 第8話 『虚構を紡ぐ者』

弓原紗季が桜川六花に初めて会った時 桜川六花は桜川九郎の初恋の人だと感じた。 その桜川六花は、亡くなっているものだと思っていたのに 桜川九郎は 「六花さんは、亡くなっていませんよ。  亡くなるわけがありません。」 と言う。桜川六花も件と人魚の肉を食べているのでしょう。 なんと! 桜川六花が入院していたのは、件と人魚の肉の力の効果を 色々調べるためだった。 そして、退院...

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム