【アニメ感想】推しが武道館いってくれたら死ぬ 第8話「わたしの未来にいてほしい」

 推し武道の8話を見て感想を書かせていただきます。
 季節はすっかりクリスマスらしく、えりぴよさん達もテンションが上がっているようです。
 舞菜さんはサンタさんの衣装を着てくれるのか、わたし、気になります!

【内容】
 基は空音が大変だと言いますが、えりぴよは舞菜の写真に男の影を探してノイローゼになったのだとか。
 空音に送った服がペアで売られているものらしく、空音は彼氏がいるのではという疑惑がネットで広がっているのだとか。
 基は同じ服を買ってきましたが、ほかのファンも同じことを考えてみんなペアルックだったというオチでした。

 オープニングのあと、空音はエゴサして「もう全裸の写真しかしない」とつぶやきます。
 文と空音の仲が悪いといううわさが流れていましたが、空音は「私たちは見られてるんだから」と仲よくしようとします。
 冬といえばスンドゥブだと言いつつも仲のいいキャラを演じてさすがはプロだと言われますが……

 基はクリスマスに予定はないのかと聞いてきて、くまさはいつも休みを取っているそうです。
 えりぴよはクリスマスは予定があると言ってきますが、それはライブのことを言っているのだとか。
 去年の舞菜はサンタコスはしてくれなかったらしく、何か言いかけながらも「また来週!」と一言。

 えりぴよはいっぱい積めば舞奈の衣装がよくなるのではと考え、現実にクリスマスライブの告知がなされます。
 優佳はファンに「いっぱい来てくれたら覚えられるから」と言い、文は空音の方が人気があることを気にしていました。
 文は自分にはガチ恋なオタクはついていないと言いますが、空音は「ずっと好きでいてほしい」と言ってきました。

 えりぴよは「私の未来に舞菜ちゃんがいてほしい」と手を握ってきて、かわいい服を着てほしいと言ってきます。
 れおは舞菜と一緒にサンタ衣装を買いに来ていて、舞菜は「ファンの人が来ているのを見てくれるから」と一言。
 えりぴよはサンタ衣装でイメージトレーニングをして「これで舞菜を見ても鼻血を出さない」と言っていましたが……

 カップルを見て複雑な気持ちになる基に、くまさは「好きな人と一緒にクリスマスを過ごすのは僕らも同じ」と反論します。
 外では雨が降りしきる中、クリスマスライブが行われ、トナカイコスをしたえりぴよは舞菜サンタさんの姿に感激しますが……
 突然、停電になりましたが、えりぴよは的確な指示を出し、トナカイの鼻から光を出し、ペンライト(?)を振って道を作ります。

 えりぴよは舞菜の役に立っていると実感し、舞菜は「えりぴよさんの光さえあれば歩いていける」と一言。
 「前世はトナカイだったと思う」というえりぴよに、舞菜はいつもより近づいてきましたが……
 舞菜はみんなと一緒にクリスマスしたいと言い、自分の未来にえりぴよさんもいてほしいとつぶやくのでした。

 えりぴよは舞菜と一緒のチェキを見て「宝物にする」と言いますが、肝心の顔はライトで写っていませんでした。
 空からは雪が降ってきて、えりぴよは男の影を探す余地のない雪の写真を見て「かわいいよ!」と叫ぶのでした。

【感想等】
 金曜日の終わりにえりぴよさんの「舞菜!」という声を聴いて、もうちょっとだけがんばれそうな気がします。
 スンドゥブという単語にさくら荘(アニメ版)のサムゲタンと似たような気配を感じました。
 空音さんと文さんの関係が反目からめぐりめぐって百合に発展するのではとちょっと考えてしまいます。

 えりぴよさんの真っすぐな気持ちは尊いですし、それゆえにすれ違いがだんだんもどかしくなってきます。
 応援してくれる人がいるからがんばれるのはアイドルでなくても同じだと思いたいです。
 ライトで道を作ったところはすごくきれいでしたし、これからもえりぴよさん達を応援していきたいです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

推しが武道館いってくれたら死ぬ #08 『わたしの未来にいてほしい』

アイドルグループChamJamの市井舞菜が ブログにアップする画像が気になっている、えりぴよ。 ここでも松山空音ショックが。 確かにアイドルのが、画像に男物っぽいものが 写りこんでいたら、気になりますね。 一方、基が松山空音に送った服が ペアルック物だったので、松山空音に男が いる疑惑がますます信ぴょう性を帯びてきたが こちらは、基のマッチポンプ。 この件で、松山空音がアイ...

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム