【アニメ感想】SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!! 第8話「ネオンテトラの空」

 ましゅまいさんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルからは内容がわかりませんでしたが、要は対番を行うということらしいです。
 前作と同じように初戦は敗退で終わってしまうのでしょうか。

【内容】
 ましゅまいれっしゅにメジャーバンドからの出演依頼があり、風を感じるほわん達ですが……
 レイジングシグナルとの対バン(バンド対決)と書かれていてどう見ても勝ち目がなさそうです。
 ラジオ番組でフェス出演にはバンドとしての実績が必要(意訳)と言ってきました。

 対バンはレイジンの好意なのかはさておき、ほわん達はやるならば勝つようにがんばろうと意気込みます。
 ほわん達が作戦会議を行い、対戦相手を研究しようとする一方で、相手は全力を尽くすのが礼儀だとひと言。
 地下アイドル時代の3人の映像が流れ、ララリンはほわんに当時の自分と同じものを感じているようです。

 かつてのチームを解散して独立したララリン達は全てをセルフプロデュースして現在に至るのだとか。
 ほわんは直接手紙を受け渡して「うち達がましゅまいれっしゅ!」と謎のポーズを取ってきます。
 ういういは本当にいいのかと聞いてきて、紙にはレイジンが勝てばほわんをアシスタントに復帰させると書いてあります。

 突然訪れた解散の危機を前に、もっと練習しようと焦りが見えてきました。
 ヒメコは参加辞退を検討しましたが、ほわんは参加を了承してきました。
 ルフユは「私にいい考えがある」といい、ララリンは「私達の本気を聞かせる」と意気込みます。

 会場は満員になって嫌でも緊張してきますが、みんなでポーズを取って気合いを入れてきます。
 ほわん達のライブは喝采を受けますが、その後のララリン達の新曲にかき消される形となってしまいました。
 4人で楽しくやっていきたいというほわんに、ララリンは「期待外れだ」とぶち切れするのでした。

【感想等】
 かつてのシアンさんも通った道ではありますが、音楽で戦うというのがいまいちピンときません。
 シンフォギアみたいに歌いながら殴ったりするのはありかもしれませんが……
 レイジンさんの立ち位置はバンドリにおける「ラス」みたいな立ち位置なのでしょうか。 

 地下アイドルと聞いて「推し武道」の舞菜さんやえりぴよさんのことが浮かぶのは私だけではないかも。
 ほわんさん達が先制の時点で負けフラグにしか見えなかったものの、歌そのものはとてもよかったと思います。
 「音楽性の違い」で激突した形になりましたが、最後はララリンさん達にリベンジして終わるのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム