【アニメ感想】映像研には手を出すな! 第8話「大芝浜祭!」

 映像研の8話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらもアニメが出来上がったようで何よりです。
 みどりさん達は文化祭を成功に導くことが出来るのでしょうか。

【内容】
 今回もギリギリでアニメは完成しましたが、アフレコはぶっつけ本番ですることに。
 とりあえずアニメを流してみますが、音楽が滑っている感じがするらしいです。
 音楽のタイミングを変えてみることでシーンが引き立ちますが……

 ツバメの両親はプロデューサーが捕まったおかげで娘の文化祭に行くと言い出します。
 母親は娘が家にいないことに気づき、ツバメはみどりやさやかと一緒にカップ麺を食べていました。
 さやかは重要なのは集客であると言い、ツバメの存在を押し出すと言ってきました。
 
 作品が良ければ絶対にDVDが売れると言い、それが制作環境を変えることになるのだとか。
 ツバメは両親にバレたと言って覚悟を決め、家庭の事情なんてくそくらえだとやけを起こしていました。
 思惑どおり人が集まってきて、さやかは交渉(脅し)の結果、空調の温度を下げさせます。

 ツバメはダンボールをかぶって生徒会の追求を逃れ、たくさんのダンボールがツバメを隠すのに協力します。
 体を張った宣伝は功を奏し、体育館には多くの人が詰めかける一方でみどりはツバメの両親にビラを渡してしまいます。
 父親は娘をアニメから遠ざけたのは自分だと言い、娘を役者にするのは母親の夢だったと言ってきます。

 アニメの上映がはじまり、両親を含めて観客はその映像に見入っているようです。
 両親はロボットの動きに娘の過去を重ね、親がついていなくても子は育つのだと実感します。
 握手会や特典まで付けてDVDを売りさばき、両親はツバメの挑戦を認めるのでした。

【感想等】
 サブタイトルを見て「大覇星祭」を思い浮かべた人は私だけではないと思います。
 ツバメさんを押し出すことで売り込むところは素人の声優起用、あるいは安易な実写化の正当化とも重なります。
 現実には「作品が良ければ」という前提条件が崩れている案件が多いのは言わない方がいいかも。

 今さらながら、カリスマモデルで凄腕の作画という設定が盛りすぎではないかと思ったりします。
 そもそも映像研のレベルが高校生のそれとは到底思えないのもまた事実ですが。
 ツバメさんのご両親が認めてくれたのはいいとしても、生徒会が新たな敵として立ちはだかるのかも。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム