【アニメ感想】推しが武道館いってくれたら死ぬ 第7話「舞菜のために走るんだ」

 推し武道の7話を見て感想を書かせていただきます。
 先日から怪我をしていたえりぴよさんが完治したようで何よりです。
 愛する舞菜さんのために一生懸命なえりぴよさんが大好きです。

【内容】
 イノシシに激突された怪我が治って完全復活したえりぴよさん。
 人気投票は今週末で締め切りで、えりぴよが積まなかったせいか舞菜は現在最下位でした。
 意を決したえりぴよはガラスを突き破って飛び出していきましが……

 オープニングの後、優佳は空気を読まずにセンター確定だとか言っていました。
 ファンは最後の追い込みのために必死に積み上げ、舞菜は最終日に積むためにアルバイトをすることに。
 くまさはえりぴよの代わりに舞菜と握手し、えりぴよが舞菜のためにがんばって働いているとひと言。

 舞菜はえりぴよに「無理をしないで」と言いますが、えりぴよにはむしろ逆効果でした。
 空音は人気が落ち込んできますが、基はむしろ自分だけの空音になるのではと考えます。
 文は空音と違って男性疑惑が出ないのに自分の順位が下ということにショックを受けます。

 イメチェンして「妹」脱却を図った文ですが、自分のキャラわかっていないよと突っ込まれます。
 えりぴよは間接的に舞菜と生きているんだと謎の理論で働きづめの日々を送りますが……
 働き過ぎて疲れたえりぴよは朝日に舞菜の姿を重ねて川に転落してしまいました。

 くまさは100枚のCDを買ってれおを1位にするといい、基は空音を独占できる日も近いと考えます。
 舞菜はえりぴよが来ていないことを気にしていましたが、そこに玲奈が出てきて「可愛かったです」と握手してきます。
 水路を流されたえりぴよはおじいさんとおばあさんに起こされますが「折れてなきゃいい」と走り出します。

 えりぴよは積ませろ積ませろと言ってきて、人気投票が終わっても舞菜のためにお金を使いたいと言い切ります。
 ダンボールいっぱいのCDを抱えたえりぴよは舞菜のために働くのは楽しかったと涙を流します。
 舞菜はえりぴよが大量のCDを買ったことを聞いて思わず走りますが、声をかけることはできませんでした。

 基は服をプレゼントすると本人が着てくれると知り、えりぴよに手伝ってもらうことに。
 店員さんに「彼女さんにですね」と言われた基はテンションを上げ、えりぴよは舞菜にとって何なのかと考えます。
 舞菜は天使だと目を輝かせるえりぴよに店員が出してきた服は何なのでしょうか。

 くまさは毎日が誕生日でもいいといい、えりぴよはプレゼントしたら報われることを期待してしまうと考えます。
 金券は受け取ってもらえない一方で、くまさによるとれおが1位になってセンターになったのは特別なのだとか。
 基は空音の顔を見て自分ががんばらなかったと反省し、えりぴよは舞菜が最下位なのにショックを受けます。

 えりぴよは舞菜にも気持ちを伝えようとする人がいるのだろうかとふと考えます。
 舞菜はえりぴよにどう気持ちを伝えようかと考えますが、なかなか言葉が出てきませんでした。
 えりぴよは「私の中ではずっと1位だよ!」と訴え、舞菜は恥ずかしいながらもうれしくなるのでした。

【感想等】
 完全復活したえりぴよさんを見て、怪我をしていない私は何をやっているのかと思えます。
 舞菜さんのために一生懸命に働くえりぴよさんですが、そのうち過労死してしまわないか心配になります。
 もういっそ舞菜さんがえりぴよさんと同居して健康管理をしたらどうかとすら思えてきますが……

 えりぴよさんの精一杯の気持ちに涙が出ますし、支えてくれる人に感謝する気持ちを表に出していきたいです。
 舞菜さんとえりぴよさんのすれ違いは最後まで続くのかもしれませんが……
 全12話だとしたら残り半分もありませんが、どんな結末になるのか最後まで見守っていきたいです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

推しが武道館いってくれたら死ぬ #07 『舞菜のために走るんだ』

ようやく骨折が完治した、えりぴよ。 これで職場復帰もできて、じり貧生活からの脱出? そのまえにアイドルグループChamJamの 人気投票で最下位。だから働いて資金を得て 市井舞菜のために積まなくては! おっと、ガラスを壊して外に飛び出た、えりぴよ。 店に修理代請求されてしまいますよ。 えりぴよは、最終日に一気に積む気なのね。 バイト先のメイド喫茶で客に愚痴を言う横田文...

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム