【アニメ感想】うちタマ?!~うちのタマ知りませんか?~ 第7話 「タマ誘拐される/おったま毛/猫カフェ・ヴァイオレット」

 うちタマの7話を見て感想を書かせていただきます。
 一つ目のサブタイトルの時点で日常系から離れていったような気がします。
 ヴァイオレットというとエヴァーガーデンさんが浮かぶのは私だけではないかも。

【内容】
1 「タマ誘拐される」
 ポチはタマが何者かに連れていかれたと言ってきます。
 一同は心配してタマを追いかけていきますが……
 動物病院で注射を打たれたというオチなのでした。

2 「おったま毛」
 モモは服のボタンが取れたのは冬毛のせいだといい、ゴンは冬毛について説明します。
 冬毛は春になると抜けるらしく、だからブラッシングするのだとか。
 たけしくんは「魔法の手袋」でなでてくれて、それで冬毛が抜けてしまうらしいです。

 ポチはブラッシングしてみたいと言い、トラは抜けた毛を乗せてもらうのが好きなのだとか。
 ブルは毛が硬いから丸めることが出来ませんが、飼い主から新しい服をもらうから寒さ対策出来るそうです。
 コマはお湯の中で毛が抜けているらしく、ノラは自分でなめるから「大人」らしいです。

 モモは飼い主にケーキをたくさんもらって喜びますが、またやってしまった……と後悔します。
 またボタンが取れたのは冬毛のせいだと頑強に主張するのでした。

3 「猫カフェ・ヴァイオレット」
 モモは喫茶チューリップが暇すぎるとぼやき、何かやらかしてしまったのかと悔やみます。
 ゴンは隣町に猫カフェができたといい、お客が向こうに流れたのではと推測します。
 モモはカフェのネコが自分より輝いているのかと対抗意識を燃やしますがそもそも猫カフェはどこなのでしょうか。

 ノラは渋々タマ達を案内しますが、ブルがおめかししているのを発見します。
 モモはブルを締め上げて「猫カフェどこ?」と聞いてきて、猫カフェではかっこいいネコ(カイ)がお出迎えします。
 そのままネコ達のショーを見せられたタマ達は目を輝かせてたちまちファンになってしまいます。

 カイに「君にならだまされたい」と言われたモモは思わず逃げだし、断固として戦うと決意しますが……
 タマ達は向こうの真似をやりだし、蝉の抜け殻やお手紙を持っていくと言い出します。
 モモは「ヴァイオレットはチューリップの敵」と主張したものの、向こうにはまるで落ち度がありませんでした。

 落ち込んだモモは飼い主からおやつをもらってなでられますが、ふとカイのことを意識してしまいます。
 怒ったモモはカイと対峙しますが、カイはショーの練習をしていたらしいです。
 カイは「君はお客さんの笑顔を見てうれしくならないか?」と言ってきて、君と僕はよく似ていると言ってきます。

 モモはカイを拒絶して去っていきますが、ちょっと言いすぎたかもと反省します。
 次の日、カイは飼い主が決まったから「卒業」することになり、事情を知ったブルは涙を流します。
 モモは最後にカイに向かって叫び、タマ達を巻き込んで歩き方の練習を始めるのでした。

【感想等】
 ネコが猫カフェを視察する……というのはかなりシュールな光景だと思います。
 別のアニメの世界ではネコがパティシエを手伝っていたりしますが……
 戦国武将がそろいもそろって犬に転生することを考えればまだ普通のかもしれません。

 誘拐のお話はあっさり終わりましたが、冬毛についての説明はなかなかためになりました。
 モモさんのようにおいしいものをいっぱい食べたいですし、猫カフェの実体が宝塚(?)だったとは恐れ入りました。
 たまには歩き方の練習をするべきなのかもしれないと思いつつ、残りのお話も見ていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム